バンド初心者向け

音感悪くても効率的にバンドのコーラス練習できる3つの方法!

どうも、サックです。

サックが今のバンドで挑戦中のコーラスは、メインボーカルよりも1オクターブ高く歌うだけ。1オクターブ上で歌うのってコーラスとしては簡単なんだけど、音痴なサックにとっては難しいこと・・・。

家で練習してても自分の音が合ってるのかもよくわからない。そこで思いついたのがカラオケの採点機能!1オクターブ高いだけなら採点機能を使えば、音程合ってるかわかりそう!

だから今日は練習のためにヒトカラしに行ったよ!

スポンサーリンク

音感悪くても音程合ってる間違ってるがわかる!DAMの精密採点

お店によっては入店の手続きのときに、店員さんに「カラオケの機種ご希望ありますか?」って聞かれるよね。いつもならこだわりはないから「ないです」って言うんだけど、今日は違う!サックが選んだのは精密採点ができるDAM。

他の採点だと、曲を歌い終わった後に結果が表示されるだけ。しかも音外しても得点高いこともある。

だけど精密採点だとリアルタイムで自分の音程やリズムが合ってるかわかるし、音程もしっかり認識してくれるんだよね。

img01

引用元:clubDam.com(2016/2/4アクセス)

最近は「関ジャニ∞の仕分け」って番組のカラオケバトルでも使われてるよね。それだけカラオケの採点の中では正確ってことなんじゃないかな。

コーラスの音程合ってるかわからないサックでも、精密採点を使えば、どの音が間違ってるのかわかるんじゃないかと思って、今回は選んでみたよ。

スポンサーリンク

3つの作業繰り返したら短時間の練習でも音程安定してきたよ

サックは歌い方悪いのか、喉痛くなりやすいから練習時間は1時間だけにしたよ。長いこと歌ってライブ前に喉痛めたら嫌だもん。

短い時間しかないからコーラスあるところだけをひたすら練習したよ。

やっぱりリアルタイムで音外したときに教えてくれるのはいいね。自信があったところも実は音違ったみたい。録音して聞いてみると確かに不協和音。音間違えて覚えてた・・・。歌いなおしても音程合わない部分はピアノアプリで音を確認したよ。

精密採点と録音、音取りを繰り返してたら、昨日よりも音程が安定してきた!

コーラス練習も早めにやるべし

今回、サックはライブ直前に練習したけど、「もっと早くにやっておけばよかった!」って後悔してる。数時間の練習じゃ足りなかったな。「もっと時間あればもっとちゃんと音取れそう!」って思えてきたから余計に悔しい!

あなたにはサックみたいに後悔してほしくないから、なるべく早い段階でしっかりコーラスの練習をすることをおすすめするよ。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP