初めてのベース購入

ギターやベース取り寄せてもらうメリットとデメリットは?体験してわかったこと2

どうも、サックです。

ギターやベース取り寄せてもらうメリットとデメリットは?体験してわかったことではベースを取り寄せしてもらうと、キャンセルするのが難しいって話をしたね。

結局サックはキャンセルすることができたのか、他にデメリットはあるのか。

そのあたりに注目しながら読んでね。

では、続きをどうぞ。

スポンサーリンク

取り寄せてみたら木目がイメージと違った

数日後、楽器屋さんから「ベースが届きました」って電話が来たので行ってきたよ。楽しみな気持ちとやっぱりキャンセルしたい気持ちが混ざって複雑な感じ。

「さっき箱から出したばっかりなんで誰も触ってないんですよ」っていいながら店員さんがベースを持ってきてくれた。うん、やっぱり赤いボディと茶色い指板がかわいい!ちょっとかっこよさも感じさせるのが中性的でサックの好みだなぁ。かっこかわいい。

ただ、よーくボディを見ると、うっすら見える木目が微妙・・・。うーん、音や値段もさることながら、これは困った。でも取り寄せまでしてもらって、今更キャンセルなんてやっぱり言いにくいし・・・。

結局、キャンセルの相談する勇気のなかったサックはベースを購入。このときは取り寄せたこと、買ったことを後悔した。

でもまぁ、最終的にはこのベースを買ったことがサックの成長にもつながったので、悪い買い物ではなかったかなって今では思うけどね。

スポンサーリンク

近所のお店で取り寄せてもらうと無料修理が受けやすいよ

木目がイメージと違ったことは、店頭に欲しいベースが置いてあるお店を回れば、良い木目のベースに出会えたのかもしれない。でもね、遠くのお店で買ってたら一番困っただろうなーって思うのは修理やメンテナンス。

このベースはネックの状態が気になったり、ボリュームのつまみが外れたり、ペグを回したときの調子が悪かったときに、ベース買った楽器屋さんにお世話になったんだ。忙しい時期でもお財布がピンチのときも、ちょっとした不具合の度に顔を出せたのはベースを買った楽器屋さんが近所だったから。

まとめ

取り寄せのメリットは2つ。

  • 欲しいメーカー、価格帯、色のベースが手に入る
  • 近所の楽器屋を利用すれば無料保証を受けやすい

これはベースを長いこと使っていく上でとても強力なメリット!

でもデメリットを理解しないで取り寄せをお願いするのは、サックみたいに失敗するかもしれないので、あなたにはやってほしくない。お店に取り寄せを頼む前にあなたに知っておいてほしいデメリットは2つ。

  • 取り寄せを頼んだ後のキャンセルは難しい
  • 色、木目などイメージと違うことがある

取り寄せをするときはこの辺に気をつけてみてね。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、店頭レンタルよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、店頭に行かずにレンタルも返却もできて楽チン。それに値段も、店頭レンタルより安く借りられるよ。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP