中級者向け機材購入

ベースでレビュー!CUSTOM AUDIO JAPANのシールド

どうも、サックです。

よく行く楽器屋の店員さんにおすすめされたCUSTOM AUDIO JAPAN(カスタムオーディオジャパン)、略してCAJってメーカーのシールドケーブル。

⇒CUSTOM AUDIO JAPANのシールドをおすすめされた理由はこちら。

実際に使ってみて、どうだったのかレビューするね。

スポンサーリンク

CAJのシールドケーブルレビュー

買ったシールドがこれ。5メートルで、先端のプラグはIL型。

002

捨てちゃったけど、おしゃれで可愛い袋に入ってたよ。

エフェクターボードにシールドを入れるようになる前は、袋に毎回入れてた。最近はまたアン直のことが多いから、残しておけばよかったなぁ。袋に入れてると、雨降ったときに安心感あるし。

ロゴはこんな感じで「CUSTOM AUDIO ELECTRONICS LOS ANGELES」「CUSTOM AUDIO JAPAN TOKYO」って入ってる。

CUSTOM AUDIO JAPAN

プラグはこんな感じ。

001

調べたらプラグが新しくなってた。「CAJ」って書かれてるらしい。

音質は自然なベースの音

カスタムオーディオジャパンのシールドを使ってみて感じたのは、音質の違い。ベース用って書いてあるシールドは、低音がブーストされることで音が太く聞こえる。以前使ってたシールドはこのタイプだった。

でもカスタムオーディオジャパンはブーストしないから、自然なベースの音。クリアで素直な音って感じ。

ただ、音質が良くなったかっていうと、わからないなぁ。良くなったとか悪くなったっていうよりも、別物って感じかな。

スポンサーリンク

取り回ししやすいから余計なストレスかからない

店員さんが教えてくれた通り、柔軟性も良かったよ。

ほら、簡単にグネグネできる。笑

004

巻き癖も全然つかない。

006

柔軟性と癖のつかなさのおかげか、硬いシールドみたいに普段の練習でシールドがねじれることはなくなった。練習終わった後もスルスル巻けて楽だし、時間短縮にもなったよ。

あとね、ライブでふざけて動きまくってもしなやか。これならわざわざワイヤレス買わなくても何とかなる。

シールドのねじれを気にしなくてよくなったから、ちょっとストレスが減った。

エフェクターの乗りは?

このシールドは「アン直派なら・・・」ってことで店員さんにおすすめされた。だけど、実際はその後エフェクターにも手を出してる。

口コミではエフェクターの乗りも良いらしいね。

だけどサックは、エフェクターの乗りがいいかはわからないでいる。エフェクターを使うようになってからは、カスタムオーディオジャパンのシールドしか使ってないから。

値段安いシールド買うより寿命長い

シールドは消耗品って話をよく聞く。サックもずっとそう思ってた。

だけどこのシールドの寿命は長いから、消耗品って感覚はない。買ってから3年半ちょい経つけど、まだ使ってるよ。

値段安いけど壊れやすいシールドを何本も買うよりも、長期的に考えると得してる。

まとめ。評価は?

音、柔軟性、それから寿命も気に入った!店員さんに教えてもらえてラッキーだったなぁ。

ペダル型チューナーを買ったときに、一緒に3mのシールドも買ったよ。今ではスタジオやライブ用のシールドはカスタムオディオジャパンしか使ってない。

⇒カスタムオディオジャパンのシールド(IL5m)はこちら。

上のリンクはサウンドハウスに飛ぶよ。

⇒「サウンドハウスって何?」って方はこちら。

あなたに必要なシールドの長さがわからないならこちらを参考にどうぞ。

⇒シールドの長さは何mがいいの?

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP