初めてのベース購入

自宅練習用の値段安い中ではおすすめ!Ibanezのベースアンプレビュー

サックが今使ってるのが、Ibanez(アイバニーズ)ってメーカーのIBZ10Bってアンプ。初心者セットでも、ちょくちょく見るやつね。

今回は、このアンプをレビューしたよ。結論だけ先に言っちゃうと、1万円以内の安い価格帯のアンプの中では良いものだと思う。さすがにもっと値段高いやつよりは劣るだろうけどね。笑

では、レビューをどうぞー。

スポンサーリンク

こんなアンプがほしかった

これの前はVOXの小さいアンプ使ってた。これね↓


出典元:Amazon

イヤホンとかヘッドホンを挿せるのはもちろん、音楽プレイヤーも挿せるのが便利だった。だけど音が嫌いだったんだ・・・。だから新しくアンプを探すことにしたよ。

このときのポイントは4つ。

  • イヤホンやヘッドホンを挿せる
  • 音楽プレイヤーを挿せる
  • 値段は1万円以内
  • そこそこで良いからまともな音(求め過ぎると、値段が高くなっちゃうから)

色々調べてみたら、IbanezのIBZ10とかAshdownのTourBus 10が条件満たしてそうだったんだ。ワット数も10Wあるし。

⇒ASHDOWN TourBus 10の詳細はこちら。

で、お金なかったから安い方を選んだwそして買ったのがIbanez IBZ10B。

Ibanez(アイバニーズ)のIBZ10Bの見た目

これがIbanez IBZ10B。
Ibanez IBZ10B

サイズは横255mm x 高さ275mm x 奥行き174mm。重さは3.6 kg。

2Lのペットボトルと比較すると、こんな感じだよ。

上から見るとこんな。

普段は机の上に置いて使ってるよ。こんな感じで。
003

そういえば最初に持ってたFERNANDESのアンプはもっと大きかったから、机の上には置けなかったなぁ。電源のON/OFFとか、つまみをいじるときはいちいちかがんでた。

上面(端子と音量やイコライザー設定するつまみ)

真上から見ると、こんな感じ。
IMAG0344
左から

  • INPUT(シールドを挿すところ)
  • BASS(低域を設定するつまみ)
  • MIDDLE(中域を設定するつまみ)
  • TREBLE(高域を設定するつまみ)
  • VOLUME(音量を設定するつまみ)
  • AUX IN(アイポッドとかウォークマンと繋ぐコードを挿すところ)
  • HEAD PHONES(ヘッドホンとかイヤホンを挿すところ)
  • POWER(電源)

事前に気にしてたから、AUX IN端子もHEAD PHONE端子ももちろんついてる。スリーバンドイコライザーがついてるから、「なんか音が薄い」とか「ベースラインが聞き取りにくいなぁ」って思ったときに音いじくれるのが便利。

欲を言えば、GAIN(ゲイン)もあったりイコライザーのつまみがもっとあれば嬉しいんだけどね。価格を考えると、仕方ないと思ってる。

裏面

裏面はこんな感じ。
004
コードがまとめられるようにはなってないから、家の引越しのときはちょっと整理しにくく感じた。

まぁ普段はコンセントは挿しっぱなしだから、問題ないんだけどねー。

側面

横から見るとこんな感じ。
005
ここまでの写真でもわかると思うけど、このアンプは木で覆われてるんだよね。

掃除するとき、他のアンプだと機械っぽくない部分、つまりこのアンプで木になってる部分だけは濡れたぞうきんで拭いてた。だけどこのアンプは完全に乾拭き(からぶき)しかやってない。だから汚いままなのがちょっと気になる。

機能自体には影響ないけどね。

スポンサーリンク

ステレオミニプラグは別売

実際に家に持って帰ってきて「さぁ使おう!」ってなってから気付いた・・・アンプとウォークマン繋ぐコードが入ってない!

こんな感じで繋ぐコードのことね。
アンプとウォークマン

ちょうど持ってた、ステレオミニプラグで繋がったよ。
IMAG0341

音質は?ボリューム上げると歪むの?

VOXのアンプでは微妙だった音。ボリュームをちょっと上げただけでもすぐに歪んじゃったんだよね・・・。

Ibanezはね、VOXよりも全然いい音だったよ。Ibanezもボリュームを上げすぎると歪む。だけどある程度までは上げても大丈夫。逆に歪むくらいボリュームを上げるとうるさくて、耳に良くなさそうw

ベースの音が曲の音に埋もれて聞こえないときは、曲の方のボリュームを下げるかイコライザーをいじってる。

ただ、VOXより前に持ってたFERNANDES(製造中止)の方が音は良かった気がする。記憶が古くて曖昧なんだけどw低音域がもっときれいに出てくれる感じだった。

それでも、Ibanezの音でも練習するにはまぁいいかなーって許せるくらい。

ちなみにイヤホンとかヘッドホン使わないでも音出してみたんだけど、イコライザーいじってもぺらっぺらの音だったwなのでスピーカーからの音を聞きたい人は、もうちょっと高いものを買うのも手だと思う。

重さがあるから安定感ある

あとね、VOXの小さいアンプだと不便だったことが解消された。VOXのアンプだと小さいし軽いから、シールドを挿しっぱなしに出来なかったんだよね。不安定で。

でもIbanezのアンプだとそれなりの大きさと重さがあるから、シールドを常に挿しっぱなしでも大丈夫。

気が向いたときにすぐに練習できるから、シールド挿しっぱでいいのは楽。スタジオとかライブに行くとき以外、コード類は全部挿しっぱなしにしてるよ。こんな感じで。
001

まとめ:評価は?

もっと高いものにすれば、いいものはあると思う。だけど1万円以内って考えれば、今まで買ってきたアンプの中では1番練習しやすい。

Ashdownのアンプだとイコライザーが2バンドだし値段高いから、Ibanezにして良かったなぁ。

現在は、後継機のIBZ10V2が出てるよ。

⇒Ibanez IBZ10BV2はこちら。

⇒Ibanez IBZ10B(旧モデル)ならこっち。

⇒3Aカンパニーのステレオミニケーブル(3A-STM03SS)はこちら。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP