初めてのベース購入

ベースにギタースタンドは必要?使わないと陥る2つの危険

ベースを立てかけて置くときに支えてくれるのが、ギタースタンド。

そんなギタースタンドだけど、あなたは「本当に必要なものなの?」って思ってない?具体的には

  • 立てかけるなら、壁にでも立てかけておけばいいんじゃない?
  • ケースにしまっておけばいいじゃん。

って疑問を持つ人もいると思う。

でもね、ギタースタンドを使わないと

  • ベースに負担がかかる
  • 練習をサボりやすくなる

といった危険があるんだ。

スポンサーリンク

壁に立てかけるとベースに負担がかかる

傷が付く

ベースを壁に立てかけると、すごく不安定。どうにか立てかけられても、ちょっとした振動ですぐに倒れちゃうんだ。歩いた振動だけでも、もうアウト。

で、その結果ベースに傷が付いちゃう。場合によっては、大きな目立つ傷が付くことも・・・。

せっかくのお気に入りのベース。傷なんて付いたらショックだよね。

ネックに負担がかかる

それから、壁に立てかけてるとネックに負担がかかるらしい。(サックはこの話、さっき知ったw)

ネックっていうのは、ここだったね。左手で押さえるところ。(レフティの人は右手)

ネック

ネックは負担がかかると、すぐに反っちゃう部分。で、そうすると弾き心地が悪くなったり、音がしっかり鳴ってくれなくなるんだ。

ケースに入れてると練習をサボりやすくなる

壁に立てかけるとどうなるかは、わかったかな?

じゃあ次はケースにしまっておけばいいじゃんって疑問。

ソフトケースみたいに薄っぺらいケースだと、しまってもしまわなくてもあまり変わらない。だけどある程度クッション性のあるギグケースとかだと、もし倒れてもベースが傷つくことはほとんどない。

でもね、どんなケースを使うにせよ長期間弾かないとき以外は、ケースにしまっておかない方がいい。ギタースタンドを使わないと、練習をサボりやすくなるから。

スポンサーリンク

準備時間と手間が余計にかかる

サックの経験上、ベースはすぐに練習できるようにしておいた方がちゃんと練習する。練習することへのハードルが下がって、習慣化しやすいから。

ケースから出すなんて、たいしたことではない。だけど練習をする度に毎回やるのって、地味にめんどくさいよ・・・。

ケースを持ってチャックを開けて、ベースを取り出してケースをどっかに置いて・・・そんなことするよりもスタンドからベースを持ち上げるだけの方が楽だし、早いよね。

やる気が下がったらベースを忘れる

それとケースに入れておくよりも、スタンドを使った方が目立って目に付きやすい。これも練習をするときに役立つことがあるんだ。

ベースをやってると、どうしてもいつかはやる気が下がる時がやってくると思う。サックもよくある。やる気があるときは、1日中ベースのことばっかり考えてるのにw

で、やる気が下がった状態が続いてると、ベースを練習することなんかすっかり忘れちゃう。

そんなときにベースがパッと視界に入ると、ベースの存在を思い出せるんだ。「そういえば最近練習してないな。久しぶりにやろっかな」って。

まとめ

ギタースタンドの便利さについて、わかったかな?まとめておくと、ギタースタンドを使うと

  • ベースに傷が付いたり、ネックに負担がかかるのを防げる
  • 練習を習慣化したり、やる気が下がったときの練習のきっかけになる

っていうメリットがあるよ。

じゃあギタースタンドはどんなのを買えばいいの?値段はどのくらいのを買えばいいの?って話をしたいんだけど・・・この話はまた次回!

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP