初めてのベース購入

楽器屋初心者でも安心!店員に声かけ&ベースの試奏と購入の流れ

今でこそサックは楽器屋さんに行ったら、何十分、何時間と入り浸る。だけど初めて楽器屋さんにいったときはあなたと同じで、不安だらけだった。

  • バンドやってる人ってこわそうだし、店員さんもこわそう。
  • コミュ障だけど、ちゃんと店員さんに声かけられるかなぁ。
  • って思ってたんだ。

そこで今回は、楽器屋さんに行ったときの注意点や、店員さんとの会話のポイントをご紹介するよ。あなたが楽器屋さんにいるのをイメージしながら読んでみてね。

スポンサーリンク

楽器店に入ったら、目当てのベースを探そう

初心者向けのベースは、楽器屋さんに入ってすぐのところにコーナーが用意されてることが多い。奥の方は中級者向けの楽器とか、中古。

なのであなたがまずチェックするのは、入ってすぐの初心者コーナー。そこに気になるベースがあるかをチェックしよう。

ただし、ここでは気になるベースを発見しても絶対に触らないように!

楽器を勝手に触るのはNGなので!

必ず、店員さんに声をかけてから触らせてもらおう。

気になるベースを店員さんに伝えよう

店員さんに声をかけるときは、「初めてベースを買うんですが、そこにあるベースを触らせてもらっていいですか?」って感じで伝えるよ。

  • メーカー名
  • ジャズベやプレベなどの種類(わかればでおっけー)
  • も一緒に伝えると、店員さんもわかりやすいと思う。

よくわからない場合は、店員さんをベースの場所まで連れて行って「これです」って言っても大丈夫。どっちみち、一緒にベースのところまで行くから。

他にも気になるベースがある場合は、それも一緒に伝えておこう。後で言うより、まとめて言ったほうが楽だからね。

ベースを弾いてもらったり、試奏させてもらおう

ベースを弾ける・弾けないに関わらず、店員さんはあなたが選んだベースを試奏できる状態にしてくれると思う。セッティングには1分くらいかかるので、その間は待っていよう。

※試奏っていうのは、お試しで楽器を弾くこと。洋服屋さんで言う、試着みたいな感じ。

いきなり試奏って言われても、弾き方がわからないと思う。サックも初めて楽器屋さんに言ったときは、弾き方なんて全くわからなかったもん。

店員さんも、あなたがベース弾けないことはもちろんわかってる。なので店員さんに弾いてもらったり、この機会に弾き方を教えてもらっちゃおう。

サックも最初は、この両方をやったよ。わざわざ頼んだわけじゃないんだけどね。

相手が初心者とか関係なく、セッティング後にはちゃんと音が出るか軽く音出ししてくれる。今思えば、その音出しがちょっと長めだった。

しかもその後に「一応弾いておきます?」って、向こうから聞いてくれたんだ。「弾き方がわからないです・・・」って言ったら、構え方を簡単に教えてくれたよ。そんで少しだけ、自分でも弾かせてもらった。

スポンサーリンク

試奏したら聞かれる感想について

たしか弾かせてもらった後に、「どうですか?」って聞かれた。

これは今でもよく聞かれる、試奏では定番のワード。洋服の試着でもよく聞かれるよね。反応に困ることもあるんだよねw

初めて試奏させてもらった後も、ぶっちゃけ反応に困った。

だって初めてだもん。よくわからないよ。だから正直に「初めてなんでよくわからないですw」って言った。笑

サックみたいに、わからないならわからないことを言っちゃえばいいと思う。

逆にもし何か思うことがあったら、それも正直に言っちゃっていいと思うよ。色とか音がイメージと違った、とかね。そしたら、店員さんももっとあなたにあったベースを探してくれるから。

何にせよ、あなたは正直に話してればおーけー。

試奏終了後の対応2パターン

すぐに購入しない場合

試奏してて、やっぱり買うのをやめたい。それから、もうちょっと考えたいってなることもあると思う。そんなときも、正直に「他のも見てからにします」とか「もうちょっと考えてからにします」って言って大丈夫。

試奏はあくまで「お試し」。買うのも買わないのも、あなたの自由だから。

サックもよく、散々試奏しておいて買わないってことがあるよ。だって高い買い物だもん。後悔したくない。

すぐに購入する場合

試奏した結果、やっぱり買おうってなったなら「これ、買います」とか言えばおーけー。他にベースに使うものもおすすめされるかもしれないので、必要に応じて買おう。

まとめ

楽器屋さんでのやり取り、なんとなーくイメージできたかな?これであなたの気持ちがちょっとでも楽になれば嬉しいなぁ。

まだ不安なことがある人は、問い合わせからどうぞー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP