初めてのベース購入

初心者におすすめのピックは?形や素材の種類&厚さや硬さをチェックしよう

ピックの好みは、本当に人それぞれ。それに1個あたり数十円~数百円で手軽に買えるから、色々なものを自分で試してみるのが1番いいと思う。

だけどいきなりそう言われても、どんなのを買えばいいか全然わからないよね。

そこでサックがおすすめするのは、1番ベースによく使われてるピック。

王道のなら、あなたにも合う可能性が高い。それに、後々他のピックを買う時の基準にもしやすいからね。

ピックの違いは

  • 厚さ(硬さ)
  • 素材の種類

の3つで判断していく。

ではでは、一体どんなピックなのかを一緒にチェックしていこう。

スポンサーリンク

ベースによく使われてる形は、トライアングル型。(おにぎり型とも呼ばれてるよ)

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e5%9e%8b_2

名前からもなんとなーく想像できるように、3つの辺が同じ長さなのが特徴。

ベースをやってる人の中には、ベース用のピックはトライアングル型だと思っている人もいる。それぐらい、トライアングル型は王道のピック。

トライアングル型がよく使われてる理由は2つ。

サイズが大きくて弾きやすい

まず、サイズ。トライアングルは他のピックに比べて、サイズが大きいんだ。

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e5%9e%8b%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ベースはギターよりも弦が太い。だから弦を弾くのに、ギターよりも強い力で弾く人が多いんだ。

そんな強い力に耐えられるように、ピックはしっかりと握りこむ。だからもしピックのサイズが小さいとなると、握りこみにくくて弾きにくい。

でも大きいと、しっかり握りこめて安定するんだ。

他のピックの3倍長持ちする

それから、経済的な理由。

ピックは使ってるうちにだんだん角が削れちゃうんだ。こんな感じで。(画像はジャズ型)

%e5%89%8a%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af

こうなると、音にも影響が出ちゃう。

トライングル型以外のピックを使ってると、1箇所が削れたらそのピックとはさよなら。新しいのに交換。

他の角だと、弦を弾くような作りになってないからね。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ba%e5%9e%8b%e3%81%ae%e8%a7%92

だけどトライアングルだと、3箇所が全く同じ形をしてるよね。だから他のピックの3倍、長持ちするんだ。

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e5%9e%8b%e3%81%ae%e8%a7%92

スポンサーリンク

厚さ(硬さ)

ピックは薄過ぎると、低域がしっかり出なくてペケペケした音になる。

じゃあ厚いほどいいのかって言うと、そういうわけでもない。厚すぎると力が入りすぎて、すぐに腕や手首が疲れやすいから。見た目も硬い動きになりやすいし。

なのでほどほどなところで、1.0mmくらいのハードかヘビーがよく使われてるよ。

厚さや硬さは、ピックに文字で書かれてる。楽器屋さんで探す場合は、この文字をチェックしてね。(画像は0.6mmのシン)

%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%ae%e5%8e%9a%e3%81%95%e3%83%bb%e7%a1%ac%e3%81%95

素材

材質は、セルロイドって素材のピックを使ってる人が多い。

昔、他の種類の素材と比較してみたことがあるんだけど、セルロイドだと王道のベースらしい音になったよ。

素材について調べてみると、やっぱりこれが1番フラットな音色みたい。

⇒ギターピックの種類と選び方・おすすめ(樹脂・プラスチック素材編)

この素材の欠点は、削れやすいってこと。なので気に入ったピックに出会ったら、何枚か同じものを買っておくと良いかと。

じゃあピックがセルロイドかはどうやって見分けるのか・・・。これだけは、見た目だけで判断するのはできなそう。

だけどネットでそれぞれのピックを調べると、材質が書いてある場合があったよ。

例えば楽器屋に行くと必ずと言って良いほど見かける、Fender(フェンダー)のピック。これはセルロイドだった。

まとめ

王道のピックがどんなものか、わかったかな?

今回の話をまとめると、初心者のあなたにおすすめなのはこんなピック。

  • 形はトライアングル型(おにぎり型)
  • 厚さ(硬さ)は1.0mmくらいのハードかヘビー
  • 素材はセルロイド

ピックは小さくてなくしやすいので、2~3個持っておくと安心だよ。

今回紹介したスペックのピックをサウンドハウスで見るならこちらから↓

⇒FENDERの346 Shape White Heavy

手汗をかきやすい人は、上のピックだと弾いてるうちにツルツル滑るよ。だから滑らないように加工してあるピックの方がおすすめ↓

⇒ESPのPD-H10(Y)

参考にしてみてね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 初めてのベース購入

    初心者向け上達法、教則本「寺沢功一流ベースの極意!」レビュー

    どうも、ピック弾きの基礎を見直し中のサックです。ベース初心者の人は…

  2. 初めてのベース購入

    ベース初心者セットの購入より質良いし値段安い!イケベのおすすめセット

    どうも、サックです。イケベって楽器屋さんには、ベース本体以外を…

  3. 初めてのベース購入

    アンプとは?(ベースアンプ/ベーアンも)~ベースの用語~

    アンプとは一体、何なのか。詳しく話しすぎると難しいので、ここで…

  4. 初めてのベース購入

    ベース初心者におすすめと評判!バッカスとスクワイヤーを試奏比較

    ネットでも初心者におすすめだって評判のいい、Bacchus(バッカス)…

  5. 初めてのベース購入

    知らずに購入は危険!ベース弦の違い5つと初心者にオススメの選び方

    どうも、サックです。ベース弦って色んなメーカーから、たくさんの…

  6. 初めてのベース購入

    手が小さいし指が短いとベースは不利なの?指届かないから得したこと

    サックは手が小さい。だいたい縦幅が16センチくらい。だからベー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

今までの記事

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、ポチッとお願いします!


⇒人気ブログランキングへ

PAGE TOP