中級者向けベース上達法

ベース指弾きの高速ピッキングも楽勝!隣の弦に移動する16ビートのコツ

どうも、サックです。

隣の弦との弦移動があるフレーズで、テンポが速かったり16分音符が出てくるときの対処法を紹介するよ。

こういうフレーズはピック弾きが楽なんだろうけど、指弾きで弾きたい人はこの記事を参考にしてみてね。

スポンサーリンク

あなたは弾ける?譜例と簡略化の例を紹介!

曲を練習してたらこんなフレーズが出てきたよ。

譜例1

原曲のBPMは150くらい。16ビートを弾くには速いテンポだから0.9倍速にして弾いてたんだけど、後半が弾けない・・・。3小節目からちょっとずつ遅れて、終わる頃には8分音符1個分ずれちゃう。調子良いときは弾けるんだけどバンドの土台になるベースとしては、一か八かの賭けみたいな感覚で弾くのはいかがなものかと・・・。

だから以前紹介した方法を使って簡略化しようかと思ったよ。
以前の記事はこちら。
⇒ベースが難しい曲でも弾けるようになる2つの方法。簡略化初心者編

まず思いついたのは16分音符を全部省略して8分音符だけにすること。

譜例2

それか弦移動があるところだけ16分音符なくすか・・・

譜例3-3

でもねー、この曲好きだから原曲に近いように弾きたいんだ。ってことで試行錯誤してみたよ。

スポンサーリンク

今すぐに隣の弦に移動が得意になるにはレイキングが効果的!

今回のポイントはレイキングを使うこと!

レイキングっていうのは…
1~3弦を弾いた後に隣の太い弦に指があたるよね。
その後すぐに同じ指で隣の太い弦も弾く弾き方をレイキングっていうよ。

以前紹介した記事で話したけど、サックはピッキングを一定にしようと意識するようにしてた。
以前の記事はこちら。
⇒イメージするだけで今すぐ解決!?ベース指弾きで速く弦移動するコツ

でもね、意識しすぎてレイキングが使えてなかった。いつもなら自然にレイキングができてるんだけどねー…(言い訳)

サックは最初、8分音符の表を人差し指、裏を中指で弾いてたよ。
※画像に書いてあるiは人差し指(index finger)、mは中指(middle finger)でピッキングすることを表している。

譜例4

だけど3弦から4弦に移動するときにレイキングを使ってみた。

譜例5

そしたら必死に頑張らなくても、余裕で弾けたよ!直前も16ビートで忙しいから、レイキングがちょうど指の休憩になって疲れなくなった♪

感覚で弾くのは危険!?レイキングの注意点

人によってはレイキングでリズムが崩れやすい人もいるらしい。レイキングを使うときはリズムの乱れに気をつけてね。

今回紹介した方法で解決しなくても、もしかしたらこの記事で解決するかも。
⇒今すぐにベースを速く弾けるようになる練習方法!指弾きで検証したよ

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP