ベース初心者講座

ベースのtab譜を作成したい!白紙タブ譜はノートやPDF印刷で手に入るよ

どうも、サックです。

  • 自分の耳で聞き取った(耳コピした)ベースラインをメモしておきたい
  • どうしても暗譜できないベースラインのカンペを作成したい

そんなときには、白紙のtab(タブ)譜から自分で楽譜を作りたくなるよね。

サックも耳コピに初めて挑戦したとき、白紙のtab譜が欲しくなった。その時やその後に、白紙のtab譜を手に入れる方法がわかったからまとめたよ。

入手方法はノートを購入したり、PDFファイルをダウンロードして印刷したりといくつかある。状況によって、どれが1番良いのかっていうのも変わってくると思う。

あなたにとって1番良い方法で手に入れる参考にしてね。

スポンサーリンク

五線譜を買う

白紙のベース用tab譜が欲しくなって、まずは楽器屋さんで探してみたよ。

だけど五線譜とか、ギター用の6弦のtab譜しかなかった。ギター用はちゃんとあるのにベース用はない、よくあるパターンだねー・・・。

五線譜のノートなら、5弦ベースユーザーならぴったり。ちょうど線が5本で、5弦ベース用のtab譜にできるから。

だけどサックは4弦ベースユーザー。

コピーする曲が5弦ベースのときは、5弦ベース用のtab譜を読むことがある。その時と同じように5本目の線を無視すれば、4弦ベースでも使えることには使える。

でも5弦ベース用のtab譜って読むのが苦手で、よく弦を弾き間違えちゃうから嫌いw

英語のノートを買う

そこで、友達にどこかに白紙のベース譜が売ってないか相談してみたよ。そのときに言われたのが「英語のノート使えば?」ってこと。

おー、なるほど。確かに言われてみれば、英語のノートって線がちょうど4本だ。tab譜と違うのは線の色だけ。

英語ノート2

英語のノートなら、楽器屋さんまで行かなくても近所の文房具売ってるお店ならだいたい売ってる。100均でも売ってるし。しかも、おしゃれなデザインが多い。

ということで、サックは英語ノートを使うようになったよ。実際に最近使ってるのが、このノート。かわいくない?笑

IMG_20160112_234029_854

勉強机にノートを置いて、立ってベースを弾いてると、赤い線が薄く感じることはある。だけど基本的には気にならないで普通に使えるよ。

4弦ベースユーザーのサックは、英語のノートが1番気に入ってる。

スポンサーリンク

ベース用の楽譜ノートを買う

今回調べててわかったんだけど、ベース用の楽譜って売ってるんだって。ネットで買えるようになってる。

⇒ベースTABノートはこちら。

だけどまぁまぁ値段するね。現状では送料がかかるし・・・。

4弦ベースユーザーで、英語のノートの線の色が気になる人にはいいかも。

PDFファイルを無料ダウンロードして印刷する

それから、以前ベース教室に体験に行って知ったこと。

白紙のベース用tab譜を、PDFファイルで無料ダウンロードできるサイトがあるんだって。ファイルをダウンロードして、印刷すれば使える。

ベースの知り合いに耳コピを頼まれたときは便利そう。ノートだと両面印刷だから、表面しか使わなかったときにあげちゃうのがもったいないんだよね。ノートを破いてあげると、見た目が汚いしw

あと緊急でtab譜がほしいときとか。ノートがちょうど切れたときには、使うことになりそう。

もちろん、これは印刷が必要。だから自宅にプリンターがある人限定の話になっちゃうけどね。

⇒白紙のベース譜をダウンロードできるサイトはこちら。

まとめ

あなたの状況に合ったtab譜の入手方法はあったかな?

白紙のベース用tab譜を手に入れる方法をまとめておくと、

  • 五線譜を買う
  • 英語のノートを買う
  • ベース用の楽譜ノートを買う
  • PDFファイルを無料ダウンロードして印刷する

白紙のtab譜は持っておくと何かと便利なので、よかったら参考にしてみてねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、店頭レンタルよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、店頭に行かずにレンタルも返却もできて楽チン。それに値段も、店頭レンタルより安く借りられるよ。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP