中級者向けベース上達法

アンプは基本設定だけ!ベースの音作りに役立つピックの種類選び

どうも、サックです。

さっきベース弾いてたら感動することが起きた!

結論から言うと、いつもと違うピック使ったらドラムとの音域被りが解消されたし、キレのある良い音になったんだ!

サックはアンプは基本的な設定しかできなくて、アンプやエフェクターを頑張って細かくいじっても、音抜け悪くしちゃう。だけどこれはピック変えるだけだから、機械いじるよりも簡単だし効果もわかりやすかった。

アンプやエフェクターを色々いじくりまわすのが苦手な人は参考にどうぞ。

スポンサーリンク

いつもと違うピック使ったら音にキレ出たし曲に合う音になった

ここ何日もピック弾きで同じ曲を練習しているものの、なんだかしっくりこない。音を間違えてるとか、ドラムとずれるとかじゃなくて、なんかキレがないというか、リズムがキッチリはまってる実感がわかない。いや、これはドラムとちょっとずれてるのかなぁ。

今日もいつも通り練習してたんけど、ちょっと疲れたので休憩挟んだよ。

さて、またベース弾くかーって戻ってきたら・・・ピックが見当たらない・・・。さっきまで使ってたピックどこ行った?

机の上探してるうちにこの子が出てきた。ティアドロップの1.2mmのピック。

IMG_20160225_224331

いつものピックより硬いし、形も違うけどまぁいっか。で、ベースを弾いてみたよ。

そしたらびっくり。

音にキレがある!!!

ドラムのハイハットの音がめっちゃ聞こえる!!

ドラムとリズムがきっちり絡み合ってくれるのがよくわかる感じ!なんか急に上達した気分w

スポンサーリンク

なぜピック変えただけで急に変わった?厚さや形から考察してみた

ピック変えただけでこんなに変わるの!?って衝撃がサックの中で走った。なんでこんなことに変わったのか、居ても立ってもいられなくなって調べたり考えたりしてみたよ。

参考にしたサイトはこちら。

ピックが厚いと、レスポンスが速くて力強い音になるんだって。これがサックの感じたキレだったんだろうね。

さらに、ピックが厚いとローが強く出るんだとか。うーん、サックはローが強くなったのももちろん感じたけど、ハイが下がった印象もあったんだよね。ドラムのハイハットが急によく聞こえるようになったのは、ハイの音域の被りが解消されたおかげだと思うから。

ディアドロップはトライアングルより弦に引っかかりにくくて、スムーズなピッキングがしやすいんだって。うん、確かにピッキングはしやすかった。だから無駄な力抜けてピッキング弱くなったのかな?そしたら総合的にはハイも下がる。

ピック選びを上手く音作りに取り入れるコツ!バンドや曲のことを考えよう

昔友達にすすめられて、色んなピックを買い漁って、好みの音と弾き心地のピックを探したことはあった。だけどそのときはベース単体での音や弾きやすさを考えてただけ。バンドで合わせるとどうなの?ってこと全く考えてなかった。

だからは今回は新たな発見。

でもよく考えたら、ベースやエフェクターを買ったり音作りするときも、自分の好きな音だけ考えてると、バンドで合わせたときに違和感あるんだよね。だからピックを選ぶときにも「バンドとしてその音はどうなの?」って考えるのは大事なのかもしれない。

アンプやエフェクターをあれこれいじるのが苦手なサックはこうやって音考える方が向いてるかもなー。

簡単に音変わって面白いし、音作りについての悩みも解決するかもしれないので、あなたも一度お試しあれ。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP