初めてのベース購入

ベース初心者セットの購入より質良いし値段安い!イケベのおすすめセット

どうも、サックです。

イケベって楽器屋さんには、ベース本体以外をセットにした「お買い得ベース用セット」っていうのがある。

ベースは気に入ったものを近所の楽器屋さんで買って、他のものはこのセットを買うのがサックのおすすめ。他の初心者セット買うより長く使い続けられる質の良さだし、値段は同じくらいだから。

ベースはなるべくネットで買わない方がいいけど、他に必要なものは別。修理にいくことがほとんどないので、ネットで買って大丈夫。

今回は、お買い得セットをあなたにおすすめする理由を詳しく話していくよー。

⇒最新版のおすすめの初心者セットはこちら。

スポンサーリンク

イケベのお買い得ベース用セット

イケベのお買い得ベース用セットがこれ。商品名がスーパーの安売りみたいw

イケベでは初心者セットの付属品が何パターンかある。で、更に付属品だけをセットにしたものもあるんだ。その1つが、このお買い得セット。

サックが初心者セットを買ったのもイケベだったんだけど、付属品はこのお買い得セットとほとんど同じだったよ。

ベースアンプが家での練習に使いやすい

サックが買ったときと大きく変わってるのは、アンプだけ。昔はFERNANDES(フェルナンデス)ってメーカーのアンプだったけど、今はIbanez(アイバニーズ)のIBZ10BV2になってる。

サックがちょうど今使ってるのも、IbanezのIBZ10BV2。FERNANDESのアンプとか、VOXの小さいアンプ(他の初心者セットにもよく付いてくるやつ)と比較すると、

  • アイポッドやウォークマンを繋いで曲を流せる
  • 音質は練習するにはまぁ許せるくらい

ってことが気に入ってる。

詳しくは、Ibanezのアンプのレビュー記事をチェックしてみてね。

⇒IbanezのアンプIBZ10BV2のレビューはこちら。

通常の初心者セット買うより充実してる!実用的なメンテナンスグッズ

お買い得セットについてくるメンテナンスグッズは、大きく分けると

  • メンテナンスケアセット
  • イケベ・メンテナンス5点セット

の2つ。

具体的には、メンテナンスケアセットに入ってるのは
ギターポリッシュ(ベースのボディの汚れ落としや艶出しに使う)
スライドムーブ(ベースの弦を長持ちさせたり、弾きやすくするのに使う)
ポイントクリーナー(ベースからノイズが出るときに使う)
の3つ。

それからイケベ・メンテナンス5点セットは、
弦巻き器(ベースの弦を交換するときに使う)
ニッパー(ベースの弦を交換するときに使う)
マイナスドライバー(ベースを自分が弾きやすいように調節するときに使う)
プラスドライバー(ベースを自分が弾きやすいように調節するときに使う)
ケース(他の4つの道具を入れる)
の5つ。

他の初心者セットを見ても、ここまで充実してるものは見たことない。だいたい何もついてこなかったり、ポリッシュだけついてくる、スライドムーブだけついてくるとかだから。

他の初心者セットについてこないから、こんなに使わないんじゃないの?そう思う人もいるだろうから、補足しておくね。

この中でもサックが今でも使ってるのは5つ。ギターポリッシュとスライドムーブ、ニッパー。それからプラスドライバーとマイナスドライバー。
メンテナンスグッズ
使い切ったりなくしたりで、ニッパー以外は新しいのになってるよ。

弦巻き器は、あると弦交換するのが楽になるってもの。だけどサックには合わなかったのか、使いにくかったから捨てたw

ポイントクリーナーは、ベースからノイズが出たときに使うらしい。だけどノイズが出たことがないから、なくした後に買いなおしてないwいつかはノイズ出るようになるだろうから、また買うことになるかも。

サックが弦巻き器を使って合わなかったみたいに、中には好き嫌いが分かれるものもある。

だけどどれもほとんどの人は使ってるようなものばかり。1度は使ってみて、あなたに合うかどうかをチェックするといいよ。

ギタースタンド・クロス・ピックは初心者用とか関係ない

あとずっと使い続けてるものは、ギタースタンド。ベースを立てかけるのに使うやつね。
ベーススタンド

それから消耗品のクロスとピック。クロスはベースの汚れを拭き取る布。ピックはベースを弾くときに使うよ。
クロス ピック

この3つは、どの初心者セットを買っても質が悪いことはないと思う。もちろんイケベのお買い得セットについてきたやつでも、不便に感じなかったよ。

最初から良いものをバラバラで買うのとどっちがおすすめなの?

最初から良いものを買うか迷ってる人もいると思う。なのでこのお買い得セットと、良いものをバラバラで買うのどっちがおすすめなのかも話しておくね。

ここまで5つの道具が登場してきた。

  • ベースアンプ
  • メンテナンスグッズ
  • ギタースタンド
  • クロス
  • ピック

このあたりはバラバラで買おうと思っても、結局同じものや似たものを買うことになると思う。質がまぁまぁいいものとか、初心者セットだから質が悪いってものじゃないから。

バラバラで買うとなると、計算してみたら合計で9330円だったよ。

で、お買い得セットならプラス650円なわけだけど・・・これだけしか値段上がらないで他にも色々ついてくるんだよねー。

  • チューナー
  • ストラップ
  • ベース弦
  • シールド
  • 教則DVD

この5つは、決して質が良いものではない。でも650円でこれだけ買えるなら、試供品と思えばめちゃくちゃお得だと思う。

だた、教則DVDだけは内容がすごく薄いからいらなかったwすぐに使わなくなって、新しく教則本を買ったよ。笑

他の4つもそのうち壊れたり使いにくかったりで、いずれ別のものを買うことになると思う。

サックも買い換えた。その結果、チューナーとストラップ、ベース弦にシールドで8000円くらいになったよ。
その他小物

ベースを続けていれば、どうせいつかは良いものを買う。

だけど最初から良いものを買っちゃうのは、あまりおすすめしない。

最初から良いものを買おうとすると、誰かにこれおすすめだよって言われたものを買うことになると思う。

でもね、同じベーシストでも人によって好みはバラバラ。だから人からおすすめされたものを買っても、あなたに合ってるかはわからないんだ。

そうすると、結局後から別の良いものを買いなおすことになるかも。

これってさ、お金がもったいなくない?だったら今はお試しってことで、650円でこのセットを買った方がいいんじゃないかな。

壊れたり、性能に不満が出てくる頃にはあなたはベースに慣れてる。そしたら自分の好みもちょっとずつわかるようになってると思うよ。

それから1つずつあなたに合ったものを揃えていっても遅くないと思うよ。

おすすめの買い方まとめ

そんなこんなでサックがおすすめするベースの購入方法をまとめておくと、

  • ベースはあなたが気に入ったものを、近所の楽器屋さんで買う
  • ベース以外に必要なものは、イケベのお買い得セットを買う(通販でおっけー)

良かったら参考にしてみてねー。

⇒イケベ楽天ショップ特選!お買い得ベース用セット

※このセットには、アンプから曲を流すのに必要なステレオミニプラグが入ってない。なので一緒に買っておくといいよ。

⇒ELECOMのステレオミニプラグケーブル1m(DH-MM10/E)

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP