中級者向けベース上達法

弦高調整は下げるだけじゃない!弦高低い・高いベースの音などの違い

どうも、サックです。

下げると運指がしやすくなる弦高。サックはぎりぎりまで低く調整してる。

でも弦高って低くすればいいってものでもないんだって。

今回は、低い弦高と高い弦高でどんな違いがあるのか、メリットやデメリットをまとめたよ。

スポンサーリンク

高さが低めだとどうなる?

左手に力がいらないから運指が楽

低めの高さにすると、左手の力が小さくても弦を押さえられる。これが弦高を下げる1番のメリットなんじゃないかな?

力があまりいらないから、滑らかで綺麗な動きがしやすい。

それから運指が難しくて弾けない曲も、弦高を変えただけですんなり弾けることがあるんだ。
もちろん、楽って言ってもやっぱり練習は必要だけどねw

いつも弦高を高めにしてる友達がサックのベースを弾いた時に、弾きやすさにびっくりしてた。

フレットノイズやビビる音がする

それからサックはピッキングしたときに聞こえるフレットノイズの音も気に入ってる。やりすぎてビビる音になると耳障りだけどね。笑

荒っぽい音がほしいときに強めにピッキングして、フレットノイズがちょっと混ざるくらいだと心地よくて好き。

張りがなくなる?

あとね、調べててわかったんだけど、弦高を下げると張りがなくなるなんて話もあったよ。

ただ、これはサックは感じないなぁ。

生音だと張りは減る。だけどアンプを通せば、気にするほどのことでもないみたい。

スポンサーリンク

高さを高めにするとどうなる?

左手に力がいるから運指が大変

一方、弦高が高めだと、弦を押さえるときに左手に強い力がいる。これはなかなか痛いデメリット。

弦高を高くしてる友達の左手はロボットみたいな動き方してたw力を入れないといけないから、動きが硬くなっちゃうんだろうね。

だけど意外なことに、強く押さえる感じが好きって人もいるみたい。逆に弦高が低いと違和感あるんだってー。

音がきれいになる

強く押さえるのが好きだなんて、弦高高くする人って物好きなのかなって思ってた。だけど弦高を高くするメリットはここからが本題。

弦高が高いと音がきれいになるんだって!

これにはビビる音とかフレットノイズの音がなくなるってこともある。だけどシャープな音にもなるらしいよ。

太くてコシがある音になる

音についてのメリットは他にもあって、ベースらしい太い音になる。コシが出るって感じる人もいるみたい。

うーん、「コシがある」って意味がわからないんだけど・・・ネバっこい感じとはまた違うのかな?サックの友達はそんな感じの音なんだけど、どうなんだろう。音の表現方法って難しいw

まとめ

低い弦高と高い弦高の違い、何となくわかったかな?

まとめておくと、低い弦高だと

  • 左手が楽
  • フレットノイズやビビる音が聞こえる

高い弦高だと

  • 左手に力がいる
  • 音がきれいになる
  • 太くてコシ(?)がある音になる

今度高い弦高もやってみようかなぁ。

 

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、店頭レンタルよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、店頭に行かずにレンタルも返却もできて楽チン。それに値段も、店頭レンタルより安く借りられるよ。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP