ベース初心者講座

Rhythm Teacher(リズムティーチャー)の使い方

前回、Rhythm Teacher(リズムティーチャー)ってアプリゲームを紹介したね。

インストールしたら全部表記で一瞬びびったwわかりにくかったので使い方をメモしておくねー。

まだインストールしてない人は、こちらからどうぞ。

⇒Google PlayでRhythm teacherをインストール

⇒App StoreでRhythm teacherをインストール

スポンサーリンク

設定(音の変更)

初期設定だとゲームしにくかった。なのでまずは設定から解説するね。

アプリを起動すると、左側に「Setthings」っていう項目があるので、そこをタッチしよう。

home

そうするとこんな画面が出てくる。

Screenshot_2015-11-04-02-06-09

ここでは音について設定できる。

それぞれどういう設定なのかっていうと、上から

  • Playback(初期設定):メトロノームの音と正しいタイミングの音が出る。
  • Mute:音が何も出ない。
  • Only metronome:メトロノームの音だけ出る。
  • Live:メトロノームの音と自分がタッチしたタイミングの音が出る。
  • Live+Playback:メトロノームの音と自分がタッチした音、正しいタイミングの音が出る。

サックのおすすめは、1番下の「Live+Playback」ってやつ。後からでも変えられるので、お好みでどうぞ。

スポンサーリンク

プレイの仕方

じゃあ実際にプレイしてみよっか。

「Back」で最初の画面に戻って

settings

左上の「Play」をタッチ。

home2

レベルを選んでから「Go!」をタッチしよう。

select level

そうすると画面が変わる。すぐにメトロノームが4回とか3回鳴って、直後にゲームが始まるよ。(メトロノームが4回なら4拍子、3回なら3拍子。)

リズムに合わせて右下のボタンをタッチしよう。

game

まとめ

Rhythm Teacherの使い方、何となくわかったかな?

電車の中など、ちょっとした空き時間にコツコツやってみてねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP