中級者向け機材購入

入会申し込み前に準備!楽天カードを作るのに必要なものと情報3つ

楽天カードの入会申し込みは、入力することがたくさんある。

以前、正直めんどくさいなーなんて思いながら入力してたんだけど、ある程度入力をしたところで気付いた。

必要なものを準備してなかった!これじゃあ書けない!

結局このときは諦めて、後日入力し直した。だけどせっかくこの前入力したことをもう一度入力するのがくっそめんどかった。

ということで、サックが楽天カードを作る前に準備しておけばよかったって思ったものや情報を、あなたには伝えておくよ。

スポンサーリンク

引き落とし先に登録したい銀行口座の通帳かキャッシュカード

まずは必要なものからお話するね。

引き落とし口座の登録は、インターネットと郵送どっちでやるか選べるようになってるんだ。インターネットで登録した方が早いし、手間も少ないのでおすすめ。

ただしインターネットを選んだ場合は、そのまま口座番号などを入力することになる。なので手元に銀行のキャッシュカードか通帳を用意しておこう。

年収(税込み)

それから事前に調べておいた方がいい情報が2つある。

1つ目が、あなたの年収。

年収は税込み。つまり手取り金額じゃなくて、税金とかを引かれる前の金額を調べておいてほしい。

もちろん、これは働いてる人だけでOK。バイトで稼いだお金も入れてね。

新社会人とかバイトを始めたばっかりの人など年収がわからない人は、1ヶ月の給料から年収を予想すればおーけー。正確な数字じゃなくても、だいたいで大丈夫だよ。

スポンサーリンク

世帯年収

調べておく2つ目は、世帯年収。これは同一生計の人の年収の合計のこと。

これは基本的に、一緒に住んでる家族の年収を合計すればOK。

ただし一人暮らしの学生さんなどの実家に仕送りしてもらってる人は、実家の家族の年収も含まれるよ。

家族の年収なんて、普段から知ってる人の方が少数派だと思う。一度、家族に聞いておこう。

まとめ

楽天カードの入会申し込み前に準備した方がいいもの、わかったかな?

最後にもう一度まとめておくと、

  • 引き落とし口座の手帳かキャッシュカード
  • 年収
  • 世帯年収

の3つは準備しておくのがおすすめ。他の項目は準備しなくてもわかると思うよ。

準備が完了したら、さっそく申し込みをしよう。やり方はこちらの記事を参考にどうぞー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP