ベース初心者講座

ギター用ポリッシュの使い方の流れは?ベースのボディの汚れ落とししたよ~ポリッシュ使用編~

前回の記事では、ギター用ポリッシュを使う前にやった方がいいことを紹介した。

今回は前回のことを踏まえて、実際にポリッシュを使って汚れ落としをしたよ。

大まかな流れはどんなポリッシュでも同じ。だけど「ポリッシュを振るかどうか」「ポリッシュをボディに直接つけるか、クロスにつけるか」はあなたが持ってるポリッシュの使用方法を守って使ってね。(ポリッシュごとに使い方が違う部分は太字にしておいたよ。)

スポンサーリンク

ボディの目立たないところで塗装が変色しないかチェック

まずは目立たないところで、塗装に変化がないかをチェックするよ。

たぶん購入前に、あなたのベースに合うポリッシュかを確認したと思う。だけどもしもってこともあるから、必ず塗装が変色しないかを試すこと。

目立たないところって言われてもピンと来ない人は、ボディの裏側に使うのがおすすめだよ。もっと言うなら、立ってベースを構えたときに、身体が接触する部分。

ここならもし変色しちゃっても、周りの人に気付かれにくいからね。

サックの場合はこの辺。

019

ここからは、ポリッシュのラベルに書いてあった通りに使うよ。

ポリッシュを振ってから

022

ベースのボディ裏にスプレー。(出しすぎたw)

030

で、クロスで拭く。

このときは埃とかで汚れてない、綺麗な面を使うようにしよう。汚れてる面だと、汚れがくっついちゃうから。

032

拭き取ったら、変色してないかの確認。

うん、よかった!変色してないね。

033

スポンサーリンク

ボディ全体をポリッシュで手入れ

変色しないかチェックしたら、同じ作業をボディ全体にもやるよ。指板とかには使わないように気をつけてね。

またポリッシュのラベルに書いてある通りに使うよー。

ポリッシュを振って

022

今度はボディ全体に吹きかける。

037

で、クロスで拭く。

039

表、裏、サイドと、同じことを繰り返したらお手入れは終了!

ポリッシュの効果は?クロスだけで掃除・ポリッシュを使って掃除の比較

ポリッシュを使う前。つまり、クロスで拭いただけだとこんな感じだった。

017

で、ポリッシュを使った後はこんな感じ。

042

こうやって比較してみても、あまり変わってない気がするw

だけどよくよく見てたら、拭いても落ちなかった白い斑点がなくなってた。写真だとわかりにくいけど。笑

あとはネックとボディ、ピックアップとボディの隙間とか、ピックアップについてるネジの錆とかがが気になるなぁ。せっかくだから、この辺りも掃除したい。

P.S. 手にポリッシュがついたら洗いに行こう

作業中に、ポリッシュが少し手についちゃった。なので作業終了後、すぐに手を洗ってきたよ。

ラベルにも、皮膚についたり目に入ったらすぐに洗うように書いてあったしね。念のため。

あなたも手についちゃったら気をつけてねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP