初めてのベース購入

定番チューナー、KORG(コルグ)のピッチクリップをベースでレビュー

前回注文したクリップチューナーがさっそく届いたよー!さすがサウンドハウスさん、仕事早い。

ということで今回は、KORG(コルグ)のPitch Clip(ピッチクリップ)を開封して、実際にベースをチューニングするところまでをレビュー。

⇒ピッチクリップを選んだ理由はこちら。

スポンサーリンク

開封

届いた商品がこれ。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc2

箱を開けると、電池がくっついてた。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc3

中身はビニール袋に入ったクリップチューナー本体と、説明書の2つ。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc4

クリップチューナーを袋から取り出したよ。画面が傷ついてるように見えるけど、スマホみたいにフィルムが貼ってあるからだった。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc5

横から見るとこんな感じ。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc6

クリップは硬すぎず、柔らか過ぎず。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc7

画面の首振りは、一直線上に120度まで自由に動かせる。

回転はできないのがちょっと心配。文字が斜めになって、見にくくないのかな。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc8

内側に電源ボタンと、電池を入れるところがあったよ。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc9

ここに箱にくっついてた電池を入れて、

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc10

ベースのヘッドに取り付けて、準備完了!

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc11

電源ボタンを入れて、さっそくチューニングしてみるよ。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc12

チューニングしてみた

4弦

まずは4弦をEに合わせていく。

ん?なんだこれ、エラー?

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc23

説明書を読んでも、この記号の意味はわからず。なのでとりあえず、耳でてきとーに合わせた。今度はちゃんとアルファベットでEって出たよ。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc24

3弦

続いて3弦をAに。3弦を弾いてみると、Cか・・・え?C!?

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc25

ペグを少し緩めることはあっても、締めることなんてした覚えはない。まさかこれはCじゃなくてGなのかなぁ。ちょっとクイってなってるし。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc22

試しにペグを締めてみたら、Aが出てきた。やっぱりあれはGだったのか。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc26

2弦

2弦を弾くと、さっきのGみたいなのが出てきた。こっちは最後がクイってなってないので、C♯っぽい。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc27

で、ペグを締めていくと・・・また出たw謎の記号ww

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc28

流れ的にはDだよね。・・・もしかして、小文字のdなのかな。

試しにdらしきものに合わせてみると、やっぱりいつものDの音だ。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc29

1弦

最後に1弦を弾いてみると、F#。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc30

ペグを締めると・・・出た、Cみたいな形のG。笑

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc31

評価

表記方法がわかりにくい

Dが小文字のdって表示されたり、CとGが似てたり、表記方法がわかりにくく感じたよ。他にもBが小文字のbって表示されるのも、パッと見わかりにくい。

%e3%83%94%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e8%a1%a8%e7%a4%ba_2

1回分かれば大丈夫だろーって思った。だけどこの記事を書いてるときにも、混乱してきた。笑

慣れるにはまだ時間がかかりそう。

反応感度はいいけど、反応速度は良くない

チューナーを選ぶときに、クリップチューナーにしては反応が良さそうだからっていうのもあってこのピッチクリップを買ったんだよね。

感度は家で使う分には問題なかった。ちゃんと4弦まで感知してくれるし。エラーみたいなのもなかったし。

反応速度はペダルタイプのピッチブラックと比較したけど、連続で音を出すだけならほぼ同じ。ほんとーにちょっとだけ負けるかなってくらいなので、まじまじと比較しないとわからなかった。

ただ、前の音を出してからちょっと時間を置くと、反応し出すのが遅かった。弦を弾いてから2秒くらい待ったよ。

実際にチューニングしてるときには、ペグを回してる間に時間を置いてることになっちゃった。時間を置かないために、弾きつづけながらペグを回すのも試してみたけど、これだと他の弦のわずかな振動を拾うみたい。なので実際にチューニングするときは、反応良くはないなぁと思ったよ。

クリップチューナーってこんなもんなのかな・・・。

首振りはできなくても大丈夫

チューナーを出したときに心配になった、首が回転できない件。文字が斜めに見えるから、読みにくそうだなって思ってたんだよね。

これはね、使ってみたら意外と気にならなかったよ。

まとめ

ベースに慣れてる人が家でゆっくり使うには、まだいいと思う。わかりにくさはあるけど。

でもスタジオやライブで、時間制限がある中では使いたくない。

クリップチューナー自体がスタジオに向いてないってこともある。その上これは反応が遅いし、時間がない中で焦ると表記を読み間違えそうだから。

⇒クリップチューナーがスタジオ練習に向かない理由はこちら。

ただし、初心者の人は家でだけ使うにしても、別のを買った方がいいと思った。チューニングに慣れてないと、見間違えたときにそのままペグを回しまくって弦を切っちゃいそうなので。

同じ価格帯のクリップチューナーなら、YAMAHA(ヤマハ)のYTC5だと表示方法がわかりやすい。反応速度も、評判を見る限りはクリップチューナーにしては良さそう。

⇒KORGのPitch Clipはこちら。

⇒YAMAHAのYTC5はこちら。

上のリンクはサウンドハウスに飛ぶよ。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP