初めてのベース購入

ベース初心者や値段抑えたい人におすすめ!立てかけ式ギタースタンド

ギタースタンドでたぶん1番よく見るのがなのが、立てかけ式。サックもこのタイプを使ってるよ。

今回は、このギタースタンドのメリットやデメリット、どんな人におすすめかをまとめたよー。

スポンサーリンク

仕組み

立てかけ式のギタースタンドは文字通り、ベースを立てかけるようにして置ける。こんな風に。

ベーススタンド

メリット

値段が安い

このタイプは値段が安いので、買いやすいのが嬉しいところ。楽器屋さんによっては、500円しないでも買えるよ。

使い始めるまでが簡単

値段が安いのだと、壁掛け式のギタースタンドなんてものもある。だけど使い始めるまでの準備が大変なんだ。

立てかけ式でも、使う前に簡単な組み立て作業はある。けど説明書もいらないくらいの難易度だったよ。

なのでこれからベースを始めるなら、このタイプが1番使いやすいと思う。

軽くて持ち運びが楽

950gと軽いので、移動させやすいのも実はありがたい。部屋の掃除とか模様替えのときも楽なんだ。

デメリット

ネックに負荷がかかりやすい

欠点の1つは、他のギタースタンドに比べて、ちょっとだけネックに負荷がかかりやすいってこと。ボディの下とネックの両方で支えると、ネックに力が加わっちゃうんだって。

⇒「ネックって何?」「負荷かがかかるとどうなるの?」って思ったなら、こちらから復習!

でもさ、立てかけ式のスタンドは楽器屋さんや練習スタジオ、ライブハウスでもよく使ってる。なので定期的にネックのチェックをすれば、気にするほどではないと思うよ。

壊れやすい(?)

それとネットでの口コミによると、他のギタースタンドより壊れやすいって感じてる人もいるみたい。だけどこれも気にしなくていいと思う。

だってサックの周りでは、聞かない話だから。

サックは初心者セットについてきたやつを、7年経った今でも使ってる。それに学生時代の練習室でも3本置いてあったけど、4年間のうちで壊れたのは見なかったよ。

土台が回る

下から支える土台がクルクル回るのが気になる人もいるみたい。こんな感じで、正しい向きだったのが

%e3%82%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%e7%ab%8b%e3%81%a6%e3%81%8b%e3%81%91

ベースを置いたり取ったりしてるうちに回転して

%e3%82%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%e7%ab%8b%e3%81%a6%e3%81%8b%e3%81%912

逆さまになることもある。

%e3%82%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%e7%ab%8b%e3%81%a6%e3%81%8b%e3%81%913

これは誰かに言われてみると、たしかにちょっと気になるwこのままベースを置くと、ずり落ちることもあるし。

たまにしかならないけどね。

転倒しやすい

あとね、他の種類に比べて軽いから、ギタースタンド自体が転倒しやすいって感じる人もいる。

足の長さのバランスにもよるので、全部の立てかけ式がそういうわけじゃないと思うけどね。サックはそういう経験がないし。

それよりも個人的に気になるのは、ネックのあたりの紐を付け忘れること。ベースを置くだけで満足しちゃう・・・。

%e3%82%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%e7%ab%8b%e3%81%a6%e3%81%8b%e3%81%914_1

この紐を付けないと、後ろからぶつかったときに簡単に倒れる。ギタースタンドは立ったままだけど、ベースだけが・・・。

自分はぶつからないけど、お姉ちゃんと同じ部屋だったときはガンガンぶつかられたw何とか倒れるのは阻止できたけど、毎回焦ってたわ・・・。

楽器を大事にしてくれない人と同室なら、紐には気をつけた方がいいと思う。

まとめ

立てかけ式のギタースタンドについてわかったかな?

今回の話をまとめておくと、立てかけ式のメリットは

  • 値段が安い
  • 使い始めるまでが簡単
  • 軽くて持ち運びが楽

デメリットは

  • ネックに負荷がかかりやすい
  • 土台が回る
  • 転倒しやすい

ってこと。

もしもっと安全にベースを保管したいって場合は、違う種類もチェックしてみてね。

⇒もっとベースを大切にしたいならおすすめ!吊り下げ式ギタースタンド

立てかけ式は、通販だとサウンドハウスのZENN(ゼン)のギタースタンドがお手ごろだよ。

⇒ZENNのギタースタンド(GS1 Black)はこちら。

参考にしてみてねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP