ベース初心者講座

ベース弦にカチカチ爪が当たるはNG!指弾きで上手く弾ける爪の長さは?

どうも、サックです。

指弾きでベースを弾いてると、カチカチと音がする。そんなあなたは、右手の爪が弦に当たってないかな?

弦に爪が当たるなら、すぐにでも爪を切ったほうがいい。

指弾きのベーシストにとって爪の長さはめちゃくちゃ大事。今回は爪が長いことのデメリットと、適切な爪の長さを紹介するよ。

スポンサーリンク

弦に爪があたる・爪が長いデメリット2つ

爪が長いデメリットは2つ。

  • 爪があたる音がうるさい
  • ピッキングしにくい

どういうことなのか、詳しく説明していくね。

カチカチなるのは生音では音量小さい!だけどアンプを通すとうるさい雑音

爪があたる音が聞こえちゃってる人が、以前サックが見たサークルのライブでいた。その人はベースの腕前自体は上手かった。それに他のバンドメンバーも上手かった。

でもねー、ベースをピッキングする度にカチカチって音がしてた。これが正直、雑音になってて耳障りだった。

激しい音楽ならそこまで気にならないかもしれない。だけどちょっと落ち着いた、大人のかっこよさのある曲を演奏してたんだ。

特にバラードなんて弾き出したときには、本当にカチカチ音が気になってしょうがなかった。

サックはベーシストだから気になってるのかな?と思ってた。でも隣で聞いてたギタリストやドラマーの友達も気になってた。ってことは、たぶんその場で演奏聞いてたほとんどの人が気になってたんじゃないかなぁ。

アンプを通さずに生音でベースを弾いていると、爪が当たる音は音量がすごく小さい。だからカチカチなるのが聞き取りにくいんだよねぇ。もしかしたらこのベーシストは、家にアンプがなかったのかも。それならなんか納得。

でもライブではアンプやスピーカーから大音量でカチカチ音が聞こえちゃう。だからすっごい勿体無いことになっちゃうんだよねー。

スポンサーリンク

カチカチ音気にならなくたって、右手がピッキングしにくい

もう1つのデメリット、右手のピッキングのしにくさ。こっちはサックがやっちゃったこと。

あるとき、いつも通りベース弾いてたんだ。でも何かが違う・・・。急にベース下手になった気がした。

昨日までと同じように、いつも通り弾いてるつもりなんだよ?なのに何故かリズムが若干乱れる。リズムの乱れが気になって、集中できない。で、さらにリズムが訳分からなくなる・・・。

なんでだろう?とは思った。だけど解決策も分からないからとりあえず練習を続けた。ベース弾いてるうちに、いつもの感覚が戻ってくるだろうと思ったからね。

でも練習しても練習しても、感覚が全然戻らない。で、ふと気付いた。

あれ?爪伸びてないか?って。

ベース弾きながら確認してみると、爪が弦に当たるか当たらないかぎりぎりの長さ。アンプを使って練習してるけど、爪が当たってるカチカチって音には気付かなかったんだ。でも曲を止めて、ベースの音だけ聞いてるとたまーに聞こえる。

もしかしたらこれが原因かもしれない・・・。練習ずっとしてたから、気分転換も兼ねて爪切ってみた。

そしたら急にピッキングしやすくなった!そのおかげか、リズムも乱れもすっかりなくなった!やっといつもの感覚に戻れたー。

爪の長さってピッキングのしやすさにも影響するみたいだね。

爪の音気にならないしベース弾きやすい!人差し指と中指の爪の長さは?

ここまでの話で、指弾きのベーシストにとって爪の長さは大事ってことが何となくわかってもらえたかな?爪は気付いたときには伸びちゃってるから、小まめに切る習慣をつけるといいよ。

じゃあ次は、爪を切るときはどのくらいの長さにすればいいのかって話をするね。

普通の人にとって一番良い爪の長さは、手のひら側から見て爪が見えないくらい。だけどベースを弾くならこれだと長すぎる。

サックの右手の人差し指と中指の爪の長さは、いつもこれくらい。
爪
いわゆる深爪ってやつ。深爪にしないと絶対に爪の音気になったり、弾きにくかったりするからねぇ。

知恵袋とか見てても、指弾きのベーシストはみんな深爪。今まであまり気にしてなかったけど、サックの友達のベーシストも爪伸ばしてる人はいないなぁ。

深爪っていう共通点はあるけど、ピッキングの角度とかで細かい長さは変わってくるかも。あなたがしっくりくる長さになるまで切ってみてね。

他にもベースのことで聞きたいことがあれば、お問い合わせからいつでも連絡してねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP