中級者向け機材購入

ベースにおすすめの種類は?各種チューナーの比較【ペダル(エフェクター)編】

今回はチューナーの種類ごとの特徴第3弾!

ペダル(エフェクター)タイプのチューナーの特徴を、カードタイプやクリップタイプと比較しながらお話していくよ。

スポンサーリンク

ペダル(エフェクター)タイプとは

ペダルタイプのチューナーはこんなやつ。

001

形や使い方がエフェクターに似てることもあって、エフェクタータイプとも言われるよ。

メリット

すぐにチューニングを始められる

カードタイプではシールドをアンプから抜いて・・・って、チューニングの前後に作業がたくさんあった。

だけどペダルタイプは事前にセッティングをしておけば、スイッチを足で踏むだけでチューニングを始められる。

002_2

チューニングが終わったら、もう1回スイッチを踏むだけでおーけー。すぐに演奏に戻れる。

なのでクリップタイプと同じで、ライブ中のチューニングもすぐに終わるよ。

このメリットがあると、どんなことがいいかはクリップタイプの記事の「すぐにチューニングを始められる」に書いてあるよ。

周りの音を拾わない

ペダルタイプはカードタイプと同じで、チューナーとベースをシールドで直接繋ぐ。だから周りの余計な音を拾わないんだ。

002_3

クリップタイプでは、スタジオでのバンド練習で周りの音を拾っちゃって、上手くチューニングできなかった。だけどペダルタイプでは、どんな場所でもサクッとチューニングできるよ。このメリットはカードタイプと同じだね。

周りの音を拾うとどうなるかは、クリップタイプの記事の「周りの音を拾いやすい」を読んでね。

デメリット

値段が高い

ここまでの話だと、ペダルタイプはカードタイプとクリップタイプの良いとこ取りみたいだよね。だけどカードタイプやクリップタイプにはない欠点もある。

まず1つ目、値段が高めってこと。

カードタイプとクリップタイプは安いものは数百円で買える。だけどペダルタイプは、リーズナブルなものでも数千円。

安いものだと、BEHRINGER(ベリンガー)のTU300 Chromatic Tuner(クロマチックチューナー)がお手ごろ価格。

ただし反応が遅いって口コミが多いので、性能を考えるなら他のチューナーの方が良いと思う。BEHRINGER自体、エフェクターでは壊れやすかったり初期不良もあるって評判もよく聞くし。

サックはもう1ランク上の値段の、KORG(コルグ)のPitchblack(ピッチブラック)ってチューナーを使ってる。

⇒KORGのPitchblackはこれ。

大きくて重い

それから、カードタイプやクリップタイプに比べて大きくて重いのも欠点。

サックが使ってるPitchblackは電池込みで約300g。ちっちゃいペットボトルと同じくらい。

サイズは、横幅68mm × 奥行き120mm × 高さ47mm。身近なものと比べると、面積はiPod touchやスマホと同じくらい。高さはiPod touchが8個分。

カードタイプだと、KORGのGA-1では横幅102mm × 奥行き59mm × 高さ16mmで72g。クリップタイプだと、Pitch Clip(ピッチクリップ)では横幅52mm × 奥行き24mm × 高さ34mmで18g。

こうやって比較してみると、ペダルタイプが大きくて重いのがなんとなーくわかると思う。

ただこれがペダルタイプのデメリットって言っても、モノによるけどね。ペダルタイプなのに小さくて軽いものもあるから。KORGのPitchblack mini(ピッチブラックミニ)やTC ELECTRONIC(ティーシーエレクトロニック)のPolyTune 2 Mini(ポリチューン2ミニ)がそう。

⇒KORGのPitchblack mini(PB-MINI)はこれ。

⇒TC ELECTRONICのPolyTune 2 Miniはこれ。

チューナー用にシールドまたはパッチケーブルが必要

エフェクター自体の値段や大きさ(重さ)がさほど気にならなくても、シールドまで加わると気になるかも。

ペダルタイプを使うには基本的に、シールドやパッチケーブルが1本余分に必要。こんな感じで、ベースとアンプの間にチューナーを繋げるので。(エフェクターも使う場合はパッチケーブル、使わない場合はシールド)

002_4

なので初めてペダルタイプを買うときは、シールドまたはパッチケーブルを買わないといけない。それにシールドの場合は、持ち運ぶとその分重くなるし、場所も取るよ。

特に、シールドが1本多いかどうかではかなり体感的な重さが変わる。シールドを減らしたときは、荷物がすっごい軽いもん。

まとめ

今回の話をまとめておくと、ペダル(エフェクター)タイプのメリットは

  • すぐにチューニングを始められる
  • 周りの音を拾わない

反対に、デメリットは

  • 値段が高い
  • 大きくて重い
  • チューナー用にシールドまたはパッチケーブルが必要

他のチューナーに比べてお金がかかるし、場所を取る。だけどそれをちょっと我慢すれば、スタジオでもライブでも1番使いやすかったよ。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP