初めてのベース購入

家でのベースのチューニングを楽に!値段安いクリップチューナー選び

どうも、サックです。

チューナーはペダルタイプ(エフェクタータイプ)を持ってるんだけど、家で練習するときには使いにくいなーって感じてた。なので以前からクリップチューナーを買うか迷ってたんだ。

で、さっきとうとうポチった。

選んだのは、KORG(コルグ)のPitch Clip(ピッチクリップ)。今回は、なんでこのチューナーにしたのかをお話するよ。

スポンサーリンク

ペダルタイプは自宅では使いにくい理由

サックはピッチクリップを買わないでも、すでにチューナーは持ってる。

それがこれ。ペダルタイプのPitch black(ピッチブラック)。たまたまだけど、これもKORGの製品だw

IMAG0322

ペダルタイプはすごく便利。

カードタイプと違って、ベースとアンプの間に繋いでおけばすぐにチューニングできる。それにクリップタイプよりも音をちゃんと拾ってくれる。

⇒ペダルタイプのメリットの詳細はこちら。

ただし、それはスタジオやライブでの話。自宅で練習するときにいちいちベースとアンプの間に挟むのは、めんどくさい。

シールドを2本も出さないといけないし。電池を使ってるので、シールドを差しっ放しにもできない。

だからシールドは1本で、たまにベースとだけ繋げてチューニングしてる。

でもこれだと、「もしかして音ズレてない?」って思ったときでも「まぁ、いっか」ってスルーしがち。ひどいときには、数日間チューニングしてないw

だってアンプの電源切ったり、シールドを差し替えたり、めんどくさかったんだもん・・・。

で、思い出した。昔クリップチューナーを使ってたときは、楽だったなぁって。ベースを弾く前はもちろん、合間にも小まめにチューニングが合ってるか確認してた。

そんなこんなで、クリップチューナーがほしいなーって思ってたんだ。

クリップチューナー選び

サックがクリップチューナーに1番求めたのは、値段が安いってこと。

値段はピンきりだからね。最低限の機能だけでもいいから、安いのがよかった。

PLAYTECH(プレイテック )のCLIP TUNER(クリップチューナー)

まず目についたのはPLAYTECH(プレイテック )のCLIP TUNER(クリップチューナー)。

⇒PLAYTECHのCLIP TUNERはこちら。

これはとにかく安い!しかも精度が±0.5セント!

精度は±1セントの商品が多い中、一般的な商品の2倍正確。±1セントのチューナーしか使ったことないんだけど、ちょっと興味がある。

ただ、口コミを見てると「初期不良品にあたった」って人が多いのがちょっと・・・。

サウンドハウスに連絡をすれば、新しいのに交換してくれるらしい。対応も丁寧みたい。

だけどそれだけ不良品が多いと、壊れるのも早そうな気がしちゃう。

KORG(コルグ)のHT-B1

次に安いのが、KORGのHT-B1ってチューナー。

⇒KORGのHT-B1はこちら。

このチューナーは、表示の仕方が特殊。

チューナーを見ると、G、D、A、Eって書いてあるよね?これはそれぞれ1~4弦の音名を表してる。で、チューニングしたい弦を弾くと、音名の上のLEDが光ってどのペグを回せばいいか一目でわかるんだって。

音名の下のLEDは、音の高低を表してる。こっちは普通のチューナーと同じっぽい。

実際の使い方は、公式動画で紹介してたよ。

初心者だと、どの弦とどのペグが繋がってるかわかりにくく感じる人もいるのかなぁ・・・。ギターならともかく、ベースは滅多に間違えないと思うけど。

サックはボーっとしてるときに間違えて他のペグ回しちゃったことならある。だけどどのペグを回せばいいのか迷った記憶はない。なのでこの機能はいらないやー。

それにこの表示方法に慣れちゃったら、普通のチューナーが見にくくなりそうだし・・・。しかも説明書を読んでも、ダウンチューニングできるのかよくわからない。

KORG(コルグ)のPitch Clip(ピッチクリップ)

KORGのHT-B1と値段が似たようなものだったのが、同じくKORGのPitch Clip(ピッチクリップ)。

⇒KORGのPitch Clipはこちら。

このチューナー、すごく見覚えがある。

友達がギターとかベースを買ったときに付いてきたって言ってた。みんな同じの持ってるなーって思ってたんだよね。

サックが持ってたクリップチューナーをその友達の一人に貸したら、反応が悪いって言ってた。だからもしかして、こっちのピッチクリップの方が反応いいのかな。

レビューをチェックしてみると、「クリップチューナーの中でも反応がいい」って言ってる人がやっぱりいた。

ちなみにベースモードはなくて、クロマチックモードだけ。本当に最低限の機能しかないみたい。

まとめ

ということで、最低限の機能がしっかりしてそうなKORGのPitch Clipを注文したよ。

商品が届いたら、またレビューするねー。

⇒PLAYTECHのCLIP TUNERはこちら。

⇒KORGのHT-B1はこちら。

⇒KORGのPitch Clipはこちら。

つづきはこのリンクからどうぞ。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP