ベース初心者講座

ベースのリズムをバスドラムに合わせる前に音がわからない!原因は?

どうも、サックです。

「ベースとドラムがリズム合ってない」「バスドラに合わせればいいんだよ」

サックはベース始めたばっかりの頃、バンド練習で何度も何度もそう言われた。

でもいくら言われたってドラムに合わせることはできなかった。だってバスドラの音がわからなかったんだもんww今考えても、そりゃー合わないわw

今回は、バスドラの音がわからないのはなんでなんだろう?って疑問について考えてみたよ。

スポンサーリンク

バンド練習でドラムとリズム合わない!そもそもバスドラの音わからない原因2つ

バスドラの音がわからない原因は2つ。

  • ドラムの音量が小さい
  • バスドラの音がどれか聞き分けできない

マニアックな話をすると、原因は他にもある。だけど初心者のうちに気にして欲しいのはこんなもん。

どういうことなのか、一緒に確認していこう。

ドラマーも上達途中で、叩く音量が小さい

いきなり他の人のせいにしてあれなんだけど・・・これ、ドラムも初心者でまだまだ上達途中だとよくあること。

サックは女の子のドラムと組むことが多かった。女の子だからってこともあるのかもだけど、初心者のうちはドラム全体の音量が小さくなりがち。理由はこんな感じ。

  • 基本的な筋肉がついてない
  • どのくらいの音量で叩けばいいのかわからない

ドラム全体の音量が小さいと当然、バスドラも音量ちっちゃいから聞こえにくいんだよね。

だからバスドラに合わせられないのは、ベースを弾いてるあなたのせいだけじゃない。これは是非あなたに知っておいて欲しいこと。ほら、自分だけのせいじゃないってわかると、ちょっと気持ちが楽にならない?

じゃあこういうときにどうするかって言うとね、ドラムの人に正直に言っていいと思うよ。「もっと思いっきり、うるさいくらいの強さで叩いて」って。

「強く叩いたら壊れそう」とか「うるさいから嫌だ」って人もいるかもしれない。だけどドラムってうるさいのが当たり前だし、強く叩いたってちょっとやそっとじゃ壊れないから。

1つ目の筋肉の問題は、すぐにどうにかなることじゃない。だけど2つ目に関しては、もしかたらあなたの一声で改善されるかもしれないよ。

スポンサーリンク

ドラムセットの中で、どれがバスドラの音か聞き分けできない

初心者ドラマーの叩く音量が改善されても、サックはバスドラの音はわからなかった。他の上手いドラマーと組んでも同じ。

じゃあバスドラが聞き取れない原因はなんなの?サックが長い間思っていたのが、バスドラの音がどの音なのかわからないってこと。

当たり前だけど、ドラムって色んな打楽器を一緒に叩くんだよね。バスドラはもちろん、スネア、タム、ハイハット、クラッシュシンバル・・・全部音が違うんだけど、どれがバスドラの音なのか聞き分けできない。

これはバンドを続けてれば、だんだん慣れてくるよ。サックも今ではバスドラの音がどれかわかるしね。

まとめ

ここまでの話、わかってもらえたかな?もう一度まとめておくと、バスドラの音がわからない原因は

  • ドラムの音量が小さい
  • バスドラの音がどれか聞き分けできない

原因はわかっても、今すぐに全部を解決するのって難しい。サックもどうにかしたくて頑張ったけどダメだった。

もちろん、何ヶ月、何年か経てば、自然と改善されていく。あなたの耳はちょっとずつ良くなっていくし、ドラマーもドラム上手くなっていくからね。

でもそれだと遅い。バンド練習どころか、ライブ本番にも間に合わない。

じゃあサックはどうやってドラムに合わせたかっていうと・・・この話はまた今度!

つづく

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP