バンド初心者向け

@ELISE(アットエリーゼ)でバンドスコアを買うデメリットと対処法

前回、@ELISE(アットエリーゼ)でバンドスコアを買うメリットをお話した。

⇒メリットをチェックするならこちら。

メリットがあれば、残念なことにデメリットもある。

今回は、サックが感じたデメリットと対処法についてまとめたよー。

スポンサーリンク

@ELISEの3つのデメリット

アットエリーゼでバンドスコアを購入するデメリットは3つ。

  • サンプルが少ししか見れない
  • データ化されていない楽譜がある
  • 再ダウンロード期間後にデータが消えたら終わり

今回も1つ1つ確認していこっか。

サンプルが少ししか見れない

お店ではスコアブックを立ち読みして、曲の難易度を確認できる。

けどアットエリーゼではサンプル用の2ページしか確認できない。それにその2ページも、楽譜に大きく斜線が入っていて読みにくい。ちょうど自分のパートの演奏が始まるところに斜線があって、全く見れないこともあったよw

制限をしないと、買う必要がなくなっちゃうから仕方のないこと。

だけど特に初心者のうちは、原曲を聴いても難易度を判断しにくい。だからスコアを見て判断できない分、デメリットになると思う。

通販サイトでスコアを買う時と同じで、初心者さんは口コミで簡単って評判の曲を買うのに使うのがいいと思う。

データ化されていない楽譜がある

アットエリーゼではたくさんの楽譜がデータ化されて売られてる。けど、世の中に存在する楽譜の全てがあるわけではない。

例えば、サックが好きな「音速ライン」っていうバンドの「恋うた」って曲。近所の本屋にスコアブックで売られてた。

だけど残念なことに、アットエリーゼにスコアはなかったよ。コードだけならあったけど・・・。

有名な曲はともかく、マイナーだし古い曲なので今後も期待できなそう。

スポンサーリンク

再ダウンロード期間後にデータが消えたら終わり

アットエリーゼでは商品を買ったら、楽譜をパソコンにダウンロードできるようになる。

もしデータが消えちゃっても、一週間までは10回まで再ダウンロードできる。けどそれ以降はダウンロードできないので、注意が必要。

サックは今まで、こんな理由でデータを消しちゃったよ。

  • パソコンが壊れて、データも消えた
  • パソコンの動きが遅いので、故意的にデータを消しちゃった

そのときは、「もう使わないし別にいっかー」って思ってた。だけどしばらく時間経った後に同じ曲をコピーすることになったり、知り合いにスコア持ってないか聴かれたときは「あのときのデータ、残しておけばなぁ・・・」って後悔した。

結局そのときは、メンバーに送ったメールの履歴についてた添付ファイルに助けられたんだけどね。

いざというときのために、ドロップボックスとかに保存しておけば良かったって反省したよ。せっかくお金を払って買ったものだしね。

まとめ

アットエリーゼでスコアを購入するデメリットはわかったかな?

今回の話をまとめておくと、デメリットは

  • サンプルが少ししか見れない
  • データ化されていない楽譜がある
  • 再ダウンロード期間後にデータが消えたら終わり

どうしようもないこともあるけど、対処できることは対処法を参考にしながら利用してみてね。

⇒@ELISEの公式ウェブはこちら。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、店頭レンタルよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、店頭に行かずにレンタルも返却もできて楽チン。それに値段も、店頭レンタルより安く借りられるよ。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP