1日4分で左手の指動かないを解消!ベースの運指を鍛えるストレッチ法

あなたはベースラインがよく動く曲を弾いている時に、「運指(フィンガリング)が汚いなぁ」なんて思うことはない?

サックもベース初心者の頃はあなたと同じように、運指がきれいにできなかったよ。それどころか左手が思ったように動かないのが原因で、どうしても弾けない曲があった。

で、どうにか運指力を強化しなきゃーと思って、良い方法はないか調べてみたんだ。そんなときに見つけたのが、今回ご紹介するストレッチトレーニング。

とりあえずで一週間やってみたんだけど、弾けなかった曲がすらすら弾けるようになった!しかもライブ出る度に「左手が綺麗」って褒められるようになったよ!

このストレッチ方法は、簡単だし効果も高い。だから正直なところ、あまり人に教えたくないなーって思ってたんだけど・・・でもあなたがいつまでも運指に悩んでるのはもったいないなぁとも思ったので、今回は紹介することにしたよ。

[st-label label=”関連情報” bgcolor=”#FBC02D” color=”#FFFFFF”] ベース初心者でもわかる、上達する左手の押さえ方(弾き方の基礎) [/st-label]
 
スポンサーリンク

初心者でもできる、フィンガリング強化に役立つ2つのトレーニング方法

めちゃくちゃ参考になったストレッチトレーニングがこれ。ベストアンサーになってる、TAC-TABさんって方の回答。
⇒教えて!goo「中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。」

そもそもはギターの指弾きするときに、独立して指動かないって質問。だけどベースのフィンガリングを鍛えるのにも役立ったよ。

と言っても、全く同じことをしたわけじゃないけどねwこだわりがあって、敢えて違うことをやってたわけでもない。なんとなーく読んでただけだから、無意識のうちに自己流でやってただけ。笑

でもこの記事を書く前に、元のやり方もやったみたんだけどねー・・・腕が疲れちゃってめっちゃ辛かったww

ベースが上手くなるには何事も、1日2日だけじゃあまり効果がない。〇日間、〇週間と続けなきゃ。なので元のストレッチ方法がしんどくて続かないくらいなら、サックが自己流でやってた方法の方がいいと思ったよ。

ってことで今回は、敢えてサックの自己流のやり方を解説。基本的な構え方がサックの自己流になってます。

基本の構え(ストレッチ1とストレッチ2共通)

ストレッチ方法は2つあるんだけど、基本の構え方は2つとも同じ。

  1. まずは左腕を、床と水平にして前に出すよ。このとき、手のひらは下に向けてね。
  2. で、手のひらだけを腕と直角になるように、クイッと曲げるんだ。手の甲が見える状態で、指先は天井に向く状態。

ストレッチ1

ここからがこのストレッチの本番。

ストレッチは全部で2種類あるよ。1個目から説明するね。

  1. まずは右手で、左手の中指、薬指、小指が曲がらないように固定する。
  2. 次に人差し指と親指だけゆっくり握りこんで、グーの形にする。

下の写真のような感じね。

ベース左手柔軟

注意

「痛い!」って感じるほど頑張っちゃうと、筋肉などを傷める危険があるよ。なのであくまで「イタ気持ちいい」くらいの力加減でやること。

で、何秒間この姿勢を続けるかなんだけど・・・サックは30秒くらいやってる。っていうのも、こんな話があるから。

ストレッチの時間ですが、30秒から40秒ほど同じ姿勢でキープします。
これは脳から筋肉へ「もっとリラックスしてもいいよ~」という指令が出るのに、
これくらいの時間がかかるからなんです。

10秒くらいでパッパと次のストレッチにいってしまうと、
その場では気持ちよくてもストレッチ効果としては薄くなってしまいます。

引用元:ストレッチの効果|ストレッチ&コンディショニング めんてな
(2015/11/28アクセス)

ってことで、サックは30秒間のストレッチを意識してるよー。

これで人差し指は終わり。同じことを中指、薬指、小指に対してもやっていくよ。

ストレッチ2

今度はさっきの逆の動きをするだけ。

さっきは人差し指以外が曲がらないように、右手で固定したよね。なので今度は

  1. 右手で、人差し指だけを曲がらないように固定しよう。
  2. 次に、余った中指・薬指・小指は、親指と一緒にゆっくり握りこんでグーの形。

こんな感じになったらおっけー。

ベース左手柔軟

今回も、この状態で30秒間キープ。さっきと同じように、中指、薬指、小指にも同じようにストレッチしてね。

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

今回も「イタ気持ちいい」くらいの力加減でやること。[/st-mybox]

まとめ

ストレッチトレーニングのやり方、わかったかな?

簡単にやり方をまとめておくと、

  1. 左腕を前に出して指先を上に向ける
  2. 1本の指以外を右手で固定して、他の指はグーの形
  3. 1本の指を右手で固定して、他の指はグーの形

サックはこのストレッチを1週間、お風呂の中で続けてたよ。
⇒ストレッチをお風呂の中でやる理由はこちら。

ただし1週間っていうのはあくまでサックの場合の話で、人によってはもっと時間がかかると思う。サックは小さい頃にピアノをやってたことがあったり、ベース歴も1年くらいのときだったので。

あとね、運指が上手くなるにはストレッチをやるだけだと足りないよ。他にもきれいな運指をするのに大切なことはあるので。

なので他にも運指上達の方法が知りたければ、こちらもチェックしてみてね↓
左手の運指力を鍛えるには?ベース弦の押さえ方のコツと練習法まとめ

2 COMMENTS

迷えるベーシスト

よく勉強させていただいております。若い頃(今53歳)少しだけギターかじってましたが、バイク事故で両手首複雑骨折し、最近になってベースレフティー(右利きでしたが)で始めたのですが、やはり右指の運指が動かずで!このストレッチを最初にやった瞬間痛みで悲鳴ものでした❗効きますね‼少しずつ、ボケ防止のためにも再びゼロ発進ですが楽しく続けて行こうと思います。今後も、掲載よろしくお願いいたします。

返信する
サック

迷えるベーシストさん、メッセージありがとうございます。

ブログ管理人のサックです。

 
50代で新しいことに挑戦ですか!
いいですね!!

そういった年齢の重ね方はかっこいいなと
個人的に思います。

 
是非ストレッチも、毎日続けてみてください。

 
注意点として、強い痛みを感じるほど頑張ると
筋肉などを傷めるリスクがあります。

ですので、「痛気持ちいい」というくらいに
とどめておくことをおすすめします!

 
よかったら参考にしてみてください。

サック

返信する

迷えるベーシスト へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です