ベース初心者におすすめと評判!バッカスとスクワイヤーを試奏比較

どうも、サック(@sackbass)です。

 
ネット上でも「初心者におすすめのブランドだ」と評判がいいのが、BacchusバッカスSquier by Fenderスクワイヤーバイフェンダーのベース。

あなたも、この2つのうちどっちにするか悩んでいるんじゃないかな?
サックも初めてベースを買う時に、結構悩んだよ。

 
そこで先日、楽器屋さんでそれぞれの1番安いジャズベジャズベース

を弾かせてもらった。

アンプが違うと音が変わってしまうので、両方とも同じアンプを使って比較したよ。

 
今回はそのときに感じた、音や弾き心地の違いなどを評価レビューしてみた!

 
結論から言うと、

  • 手が小さい、またはなるべく少ない予算でコスパの高いベースを買いたい⇒Bacchus BJB-1R
  • 手が小さいってわけではない、さらにお金に余裕がある⇒Squier Affinity Jazz Bass

がおすすめ!
 

※サウンドハウスは安い代わりに、ケースが付いてこない商品があるよ。その場合ベースを外に持ち運ぶなら、必ず別途ケースをしてね!
(ソフトケースでなく、できればギグバッグがおすすめです。⇒詳しくはこちら)

 
[st-mybox title=”関連情報” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

[/st-mybox]

Bacchus BJB-1シリーズの評価(レビュー)

まず弾かせてもらったのは、BacchusのBJB-1R
サックが初心者の頃に使ってたBJB-300の後継機で、Bacchusで1番安いベース。

 

見た目

BJB-1Rの見た目は、よくある普通のジャズベース。


出典元:Bacchus BJB-1R (BLK) |Amazon

 

基本的な音の特徴

音のバランスは、Squier Affinity Jazz Bassに比べると中・高音域が強め。
1つ1つの音がくっきりと聞こえた。

 
反対に、低音域は弱め。
あとベース自体のボリュームが、Squier Affinity Jazz Bassよりも小さく感じたよ。

そのせいか、迫力や荒っぽさは抑え目で大人しい印象だった。

 
う~ん・・・BJB-300の方が低音域までちゃんと出てた気がするんだけど・・・。

ボディの素材がアルダーからポプラに変わったからかな?
それとも思い出が美化されてるだけか。笑

 
アンプなどのセッティング次第で、音はある程度カバーできる。

だけどベースを始めてしばらくは、そこまで気を回すのは大変。
なので注意した方がよいと思った。

 

音作りの幅広さ

 
Bacchus BJB-1Rのメリットとしては、トーンが0か10(マックス)かで、高音のカットされ具合がだいぶ変わった。
なので、トーンのつまみを使った音作りもしやすそうだと思ったよ。

 
ただし、初心者のうちはやっぱり音作りまで頑張るのは大変。
なのでこのメリットを活かせる人は、多くない気がする。

 

弾きやすさ

 
ジャズベの特徴でもお話したように、ジャズベは他のベースに比べてネックが細くて弾きやすいものだったね。

 
だけどこのBacchus BJB-1Rは、さらに弾きやすさが考えられたもの。

Squier Affinity Jazz Bassと比較しても、ネックが押さえやすくて弾きやすかった。
サックは手が小さくて16cmほどなのだけど、それでも指が届きやすいし力も入れやすかったよ。

 
バッカス専門店・バッカス堂の商品ページによると、普通のジャズベよりもネックが薄い作りになってるんだってさー。

 

これ、手が小さい人にはかなり大事なポイントだと思う。

以前、他のベースを買った初心者さんからメールをいただいたんだけど、「手が小さいせいかちゃんと弦を押さえられないんです」ってお悩み相談が来たこともあるから。

 
手の小ささは、練習次第で何とかなることではある。
けれど特に最初は簡単に押さえられて楽しく練習できた方が、挫折せずにベースを続けられると思うよ。

難しくて弾けないって、やっぱりやってて面白くないからねー。

Squier by Fender Affinity Series Jazz Bassの評価(レビュー)

続いてSquier Affinity Jazz Bass

これもSquierで、1番安いベースだよ。

 

見た目

見た目は、BacchusのBJB-1Rとほとんど違いがなかった。
ヘッドの形とロゴが、よーく見ると違うくらい。


出典元:SQUIER ( スクワイヤ ) > Affinity Jazz Bass Black|サウンドハウス

 

基本的な音の特徴

 
ベースを渡されてネックを触った瞬間、びっくりした。
指が弦に触れただけのかすかな音が、アンプを通してはっきりと大きな音で聞こえたんだ!

アンプの音量はBacchus BJB-1Rのときと同じ。
つまり、Squier Affinity Jazz BassはBacchus BJB-1Rよりもベース自体の音量が大きいってこと。

音のバランスは、低音域までしっかり出て図太い。

 
あとベースの音量が大きい分、タッチミス(ちょっと弦への触り方のミスっただけ)でも結構目立ちそう。
ただ多少のミスなら雑音っていうより、荒ら荒らしくてかっこよくなりそうだとも思った。

音は好みで大きく分かれるところだから、一概には言えない。
だけどBacchus BJB-1RよりもこっちのSquier Affinity Jazz Bassの方が色んな人に好まれる音な気がするよ。

 
サックもこっちの方が好き!
迫力があって、ズッシリとした音でかっこいい!!

音作りの幅広さ

 
ただし、トーンのつまみをいじっても違いを感じなかったよ。

トーンはいじると、高音域を減らせるもの。
ってことは、このベースにはそもそも高音域の成分があまりないのかもね。

なのでトーンを使った音作りはやりにくそう。

 
まぁ初心者のうちは、やっぱりあんま関係ないと思うけどね。笑

 

弾きやすさ

 
ネックは、BacchusのBJB-1Rを弾いた後だからか太く感じた。

 
だからと言って、特別太いってわけではないはず。
たぶん普通のジャズベ。

手が小さいってわけじゃなければ、十分押さえやすいと思うよ。

 

総評(まとめ)

 
それぞれの特徴をまとめておくと、

Bacchus BJB-1R

  • 中・高音域が強くて、一音一音がくっきりした音
  • トーンの効きがいいので、音作りの幅が広い
  • ネックが普通のジャズベより薄くて、手が小さくても弾きやすい

 
Squier Affinity Jazz Bass

  • 低音域までしっかり出て、図太く迫力のある音
  • トーンはあまり効かない
  • ネックは普通のジャズベ

 
あなたの手が小さいとかなるべく少ない予算で買いたいなら、Bacchus BJB-1Rの方がいいと思う。

音も大事だけど、さっきも言ったように弾きにくいとベースを続けにくいと思うからね。

値段は買う場所や色にもよるけど、Bacchus BJB-1Rの方が5千~1万5千円安かったよ。

 
反対に手が小さいってわけでもなくて、お金も余裕があるならSquier Affinity Jazz Bassの方がおすすめ。

やっぱり、こっちの音を気に入る人が多いと思うからね。

絶対ってわけじゃないけど、あなたも気に入る可能性が高い。

※サウンドハウスは安い代わりに、ケースが付いてこない商品があるよ。その場合ベースを外に持ち運ぶなら、必ず別途ケースをしてね!
(ソフトケースでなく、できればギグバッグがおすすめです。⇒詳しくはこちら)

 
以上、よかったら参考にしてみてねー。

ではでは、サック(@sackbass)でしたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です