初めてのベース購入

ベース始めたいけど値段いくら?始める初心者が必要なものと購入予算

どうも、サックです。

ベースを始めたい!

そう思い立っても、何がベースを始めるのに必要なのか。値段はどのくらいするのか。全然わからないよね。

サックも初めてのときは、検討も付かなかった。笑

そこで今回は、

  • ベースに必要なものって何?
  • 初心者の購入予算はどのくらいあれば大丈夫?

ってことをまとめたよー。

※値段は記事作成時点での税込価格。今は変わってるかもしれないから、参考程度にどうぞ。

スポンサーリンク

最初から必要な物

ベースに必要なものは、まずはこの8つ。

  • ベース
  • アンプ
  • シールド
  • チューナー
  • ピック
  • ギタースタンド
  • クロス
  • 教則本

それぞれどんなものなのか、値段はどのくらいなのか。一緒に確認していこう。

ベース

coolz-zjb-1r

まずはベース本体。これがないと、元も子もないからねー。

値段は、10,000円くらいから初心者向けのがあるよ。ただし、安い中でもそれなりの質のものって考えると、バッカス(コスパのいいメーカー)のベースが買える17,000円はほしい。

⇒バッカスのベースの詳細はこちら。

アンプ

003_2

ベースを弾くだけだと、音量はちっちゃい。だからアンプを使って、音量を大きくするんだ。

⇒アンプの必要性の詳細はこちら。

価格は安いので4,000円くらいから。安い中でもそれなりの質のものは、7,000円くらいから。

⇒おすすめのアンプはこちら。

シールド

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e6%ba%96%e5%82%996

シールドは、太いコードのこと。ベースとアンプを繋げるのに使うよ。

値段は500円くらいから。ただし、安いシールドはすぐに断線しちゃうから、1,400円くらいあれば長持ちするのを買えるよ。

チューナー

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%96%8b%e5%b0%817

ベースの音程を正しくすることを、チューニングって言う。で、チューニングするのに必要なのが、チューナーって道具。

値段は500円から。使いやすさや初期不良の危険性を考えるなら、1,000円くらいのだと大丈夫そうだよ。

ピック

IMAG0241

ベースの弾き方には、大きく分けて

  • 指弾き
  • ピック弾き

の2種類があるんだ。

指弾きは文字通り、指を使って弦をはじく方法。そしてピック弾きでは、上の画像みたいな「ピック」って道具を使って弦をはじくよ。

ピックの値段は1枚20円から。初心者のあなたにおすすめなのは、王道のピックで1枚50円のやつ。

⇒おすすめのピックはこちら。

スポンサーリンク

ギタースタンド

%e3%82%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%e7%ab%8b%e3%81%a6%e3%81%8b%e3%81%910

ギタースタンドは、ベースを立てかけて置いておくのに使うよ。てきとーにそこら辺に置いておくと、リスクがあるからね。

値段は700円くらいから。これはどれがいいのか、特にこだわらないで大丈夫。

⇒ギタースタンドが必要な理由の詳細&おすすめのギタースタンドははこちら。

クロス

クロス

クロスは布のこと。ベースを拭くのに使うよ。

値段は300円から。質はそこまでこだわらなくても大丈夫だけど、ものによっては綺麗にしにくいので注意。

⇒クロスの役目の詳細とおすすめのクロスはこちら。

教則本

教則本

教則本は、教科書みたいなもの。ベースの演奏する上での基礎的な情報が書いてあるよ。楽譜の読み方とか、ベースのセッティング方法や弾き方、弦の交換の仕方とかね。

値段はAmazonで中古のを探せば、送料込みでも300円くらいだった。新品だと、2500円もあれば色々選べるよ。

バンドを始めるなら必要な物

ここからは、なくても大丈夫なもの。

ただし、あなたがバンドを組んでいたり、これから組む予定があるなら絶対に買っておこう。そうじゃないなら、お好みで買うか選んでおーけー。

ストラップ


出典元:Amazon

家で弾くだけなら、座ったままベースを弾いてもいい。だけどライブでは、ベースを立って弾く。そのときに必要なのが、ストラップ。

斜めかけにして肩にかけて、ベースをぶら下げるよ。こんな感じで↓

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97

バンドを組まなくても、立ってかっこよく弾くのにあこがれてるって人も1本持っておくといいかも。

立って弾くのは最初、難しいからあまり使わないかもしれない。だけど鏡で自分がベースを構えた姿を見るだけで、テンション上がると思うから。笑

値段は400円から。

ギグバッグ(付属のケースがソフトケースの場合)


出典元:Amazon

外出するときにベースを持っていくなら、ベースは専用のケースに入れて運ぶ。

ベースを買うと、ケースは必ずついてくる。ケースにはいくつか種類があるんだけど、初心者向けのベースだとソフトケースってものがついてくることがほとんど。

ソフトケースでも運べなくはないんだけど・・・肩がめっちゃ痛くなるよw

なのでもう1ランク上の、ギグバッグを用意するのがおすすめ。

⇒サックの体験談とケースの種類の確認方法はこちら。

値段は2,700円くらいから。

まとめ

最初から必要な物は

  • ベース
  • アンプ
  • シールド
  • チューナー
  • ピック
  • ギタースタンド
  • クロス
  • 教則本

バンドを始めるなら必要な物は

  • ストラップ
  • ギグバッグ

合計金額はこんな感じ↓

  • とにかく安く買いたい・バンドを組まない→16,300円くらい
  • とにかく安く買いたい・バンドを組む→19,400円くらい
  • それなりのものがほしい・バンドを組まない→30,000円くらい
  • それなりのものがほしい・バンドを組む→3,3100円くらい

参考にしてみてね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 初めてのベース購入

    ベース初心者セットとバラ買いのメリット比較!買うならおすすめはどっち?

    ベースに必要なものの買い方には、大きくわけて2種類ある。 …

  2. 初めてのベース購入

    ベース初心者セットの購入より質良いし値段安い!イケベのおすすめセット

    どうも、サックです。イケベって楽器屋さんには、ベース本体以外を…

  3. 初めてのベース購入

    ERNIEBALL(アーニーボール)のストラップをベースでレビュー

    定番だってよく聞く、ERNIEBALL(アーニーボール)のストラップ。…

  4. 初めてのベース購入

    ギターやベース取り寄せてもらうメリットとデメリットは?体験してわかったこと2

    どうも、サックです。ギターやベース取り寄せてもらうメリットとデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

今までの記事

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、ポチッとお願いします!


⇒人気ブログランキングへ

PAGE TOP