まとめ・特集記事

チューニングの悩みを解消!ベースのためのチューナーの選び方まとめ

ベースを弾く前後に必ずやるチューニング。

何十回、何百回とやっていることなのに、いつも時間がかかっちゃう。なぜかチューニングが合わない。あなたはそんなことで悩んでない?

そんなときは、チューナーを変えることで解決することも多いよ。実際に、サックもチューナーを違うのにしたらすぐにチューニングできるようになったし。

ってことで、チューナー選びに役立つ記事を一覧にしたよ。

スポンサーリンク

チューナーの種類を選ぼう

チューナーには、主に3つの種類がある。よく初心者セットについてくるカードタイプ。ベースのヘッドに取り付けて使うクリップタイプ。そして、エフェクターみたいに足元に置いて使うペダル(エフェクター)タイプ。

それぞれのチューナーのメリットやデメリットは、こちらの記事を参考にどうぞ。

ベースにおすすめの種類は?各種チューナーの比較【カード編】

ベースにおすすめの種類は?各種チューナーの比較【クリップ編】

ベースにおすすめの種類は?各種チューナーの比較【ペダル(エフェクター)編】

ペダル(エフェクター)タイプの選び方のポイント

サックが今使ってるのは、ペダルタイプのpitchblack(ピッチブラック)ってチューナー。

ペダルタイプって言っても、製品は山ほどあるわけだけど・・・一体どうやって今のチューナーにたどり着いたのか、理由はこちらの記事でお話してるよ。

学生時代の話なので、金銭感覚や生活習慣は学生視点になってる。笑

ベースのペダル型チューナーの選び方って?学生におすすめの値段と使い勝手で選んでみた

ベースのペダル型チューナーの選び方って?学生におすすめの値段と使い勝手で選んでみた2

KORG(コルグ) pitchblack(ピッチブラック)のレビュー

愛用してるpitchblackのレビューを書いたよ。狙い通りの製品だったのか、欠点はないのかなど。

コスパが評判のチューナー!KORGのpitchblackレビュー2

コスパが評判のチューナー!KORGのpitchblackレビュー3

KORG(コルグ) pitchblack mini(ピッチブラックミニ)のリサーチ

最近の製品で気になってるのが、pitchblack mini(ピッチブラックミニ)。pitchblackの欠点をカバーしてくれそうなんだよねぇ。

ってことで、長所や短所を調べてみたよ。

KORGのpitchblack miniと無印版の比較!劣化した違いは?

pitchblack miniが小さすぎて心配。KORGの対策は?悪い評判はないの?

ピッチブラックミニは電池派のベース用ペダル型チューナーにおすすめ

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP